最近ではオメガ3など、身体にいい油が話題を呼んでいますが、もちろん身体に悪い油も存在します。ひどい場合には命の危険にも繋がるため、注意しなければなりません。大事なのは身体にいい油か悪い油かを見極めて摂取することです。

今回は身体に悪い油とされている「飽和脂肪酸」と「トランス脂肪酸」について紹介します。どんな油を摂ってはいけないのか、摂り続けるとどんな弊害があるかも紹介するので、脂を選ぶ際の参考にしてください。

飽和脂肪酸とは

バター

飽和脂肪酸とは、分かりやすくいうと常温で固体になる脂です。牛脂やバター、ココナッツバターなどが挙げられます。身体にいい油と呼ばれるオメガ3などは、逆に不飽和脂肪酸とよばれています。
しかし、飽和脂肪酸が必ずしも身体に悪いわけではなく、それぞれの特徴を踏まえて適切に摂取する必要があるのです。

不飽和脂肪酸はその構造から不安定な物質とされていて、変質しやすいため身体に摂取しても貯蔵には向きません。
それに比べて飽和脂肪酸は構造が安定しているため、エネルギー源として身体に貯蔵しやすいのです。
飽食の現代では悪者にされがちな飽和脂肪酸ですが、必ずしも悪者というわけではないのです。

飽和脂肪酸のデメリット

飽和脂肪酸は常温で固体であると説明しましたが、私たちの身体に入っても固まりやすく血液の粘度を高める作用があります。そのため血管にこびりついて固まると、血管がもろくなり、動脈硬化や心筋梗塞の原因になるのです。

またエネルギー源として貯蓄されやすい飽和脂肪酸は、身体に脂肪としてため込まれやすく、肥満の原因になります。肥満になれば生活習慣病をはじめとしたさまざまな病気の原因にもなります。そのため、肥満率の高い国では飽和脂肪酸の含まれる食品を避ける傾向があるのです。

飽和脂肪酸のメリット

身体に悪いとばかりされる飽和脂肪酸ですが、身体に嬉しい側面もあるのです。ひとつは構造が安定しているため、劣化しにくい特徴があります。加熱したり液体と固体の状態を何度も往復させても品質の劣化が起きづらいのです。

また飽和脂肪酸の中でも中鎖脂肪酸のメリットには注目が集まっています。中鎖脂肪酸は消化吸収がよくて、体内でもすばやく燃焼するために中性脂肪がつきづらいのです。

また中鎖脂肪酸は肝臓でケトン体という物質に分解されるのですが、このケトン体が脳にいい働きをしてくれるのです。ブドウ糖の代わりに働いてくれるため、集中力を高め頭の回転を速めてくれます。
ココナッツオイルでアルツハイマーが回復したという話もありますが、このケトン体のおかげだと言われています。

トランス脂肪酸とは

マーガリン

トランス脂肪酸とは不飽和脂肪酸の一種ですが、常温で固体である油です。牛などの反芻動物の胃の中で生成される場合もあるのですが、そのほとんどが工業的に油脂を加工する過程で発生します。マーガリンやショートニングなど、加工された油にこのトランス脂肪酸が含まれています。

多量に摂取することで悪玉コレステロールを増やしたり、アレルギー性の疾患のリスクも高まります。内臓脂肪の増加も報告されており、血管の病気にも繋がります。加工食品の多くに含まれているため、現代人は無意識のうちに過剰摂取している恐れがあります。食用植物油、加工油脂という表記もトランス脂肪酸が含まれているので気をつけましょう。

オーガニックの油で健康に気をつけよう

飽和脂肪酸を摂りすぎずに、どんな油を摂ればいいか悩む人にはオーガニックの油がおすすめです。オーガニック油は有機栽培の植物から絞った油なので、品質もよく血液をサラサラにしてくれる効果も期待できます。どの植物の油化によって効能も変わりますが、オーガニックであれば安心して利用できるでしょう。