アンチエイジングや美髪・美肌、そしてダイエットにも効果的だと言われているココナッツオイル。
今回は、そんなココナッツオイルでも特にオーガニックにこだわるブラウンシュガーファーストの代表、荻野みどりさんにお話を伺いました!

そもそもココナッツオイルって?

ーーココナッツオイルってどうやって作られるんですか?

ココナッツオイルは、胚乳と呼ばれるココナッツの実の中の白い部分を絞り出したココナッツミルクから抽出されるんですよ。

ーーどのように加工するんでしょうか?

フレッシュココナッツを原料に使う場合、ココナッツオイルの生成方法には2種類あります。
一つは機械による遠心分離法と、もう一つは発酵分離法です。

ーーさっそく難しい言葉が出てきました・・・(汗)

遠心分離法は、フレッシュなココナッツミルクを遠心力で分離させるので、短時間でココナッツオイルを生成することが可能です。香りが強すぎず、上質な風味を楽しむことができます。
発酵分離法は、絞り出されたココナッツミルクを室温に置いて、24時間以上かけて自然発酵させることで、クリームと水分、そしてオイルに分かれるのを待つ方法です。
こちらは濃厚なココナッツの香りと味を楽しむことができます。

ーー製法で風味が変わるんですね。ブラウンシュガーファーストではどちらの製法で?

どちらの製法でもココナッツオイルを作っていて、遠心分離のココナッツオイルはビンに詰めて料理にオススメしています。発酵分離のオイルはソフトカプセルに入れて、サプリ型にして販売しています。

オーガニックココナッツオイルがおすすめの理由

ブラウンシュガーファーストココナッツオイル

ーーブラウンシュガーファーストでは、オーガニックのものにこだわっていますよね。

オーガニックなものを子どもたちに食べさせたいという想いと同時に、生産地のみなさんの工地や水を、わたしたちの健康と引き換えに汚したくないと思っています。
農薬を大量に散布してしまうと、生産者の方はその中で生活をしなくてはなりません。これでは環境に悪いだけでなくて、そこに居る人にも悪い影響が出てしまいますよね。

ココナッツオイルのおすすめレシピ

ーーココナッツオイルって、どんな料理と相性が良いんですか?

今、私がハマっているのはホワイトソースです。
ココナッツオイルと小麦粉があればできるのでとっても簡単ですよ。小麦粉をココナッツオイルで熱していくとベシャメルソースができて、そこにミルクや豆乳を足していくだけで完成です。

ーーココナッツオイルは加熱にも強いのでしょうか?

そうなんです。それがココナッツオイルの特徴でもあるんですよ。
ココナッツオイルに含まれている成分って、加熱してもほとんど変化しないんです。
ちなみに、玉ねぎを炒めるのであればココナッツオイルがベストだということもぜひ知って欲しいですね!
ココナッツの風味が玉ねぎの甘みととても合うんですよ。
他にも、ココナッツオイルは根菜の料理もおすすめです。たとえば根菜のお味噌汁とか。

ーーお味噌汁にココナッツオイルですか!?それは意外ですね。

初めての方には意外に思われるかもしれませんね(笑)
でも、レシピもとっても簡単で、根菜を塩とココナッツオイルで炒めて、根菜の甘い香りが出てきたらその上に水を張って出汁を入れて、あとはお味噌を入れるだけです。
ココナッツオイルって、たしかにココナッツの風味はあるんですが、使い方次第で素材の風味を引き出してくれるんです。
ブラウンシュガーファーストのインスタグラムをフォローしていただくとレシピがたくさん見れますので、よかったらフォローしてみてください。

インスタグラム:@bs1st

ーー美味しいし体に良いし、万能オイルですね。

でもお味噌汁作る場合の注意点としては、お味噌汁の最後に入れるんじゃなくて、あくまで根菜を炒める時に入れるのがポイントということです。そうしないと、ココナッツオイルお味噌汁と馴染みにくくなってしまいます。

ーーとても参考になります!ちなみにレシピ以外の使い道もありますか?

そうですね、私はココナッツオイルをヘアオイルやボディーオイルとしても使っています。
ココナッツオイルには抗酸化作用の強いビタミンEが含まれていると聞きました。保湿力もあるので、ココナッツオイルを肌や髪の毛に塗り込むだけで簡単にスキンケア、ヘアケアができますよ。

ココナッツオイルとは

ココナッツオイルの保存方法

ーーココナッツオイルっていろんな使い道があるんですね。でもすぐに使い切らないといけないのでしょうか?

ココナッツオイルは熱や酸化に強いので、開封後でも中に水分や空気が触れないように蓋をちゃんと閉めれば長期間の保存が可能なんです。
期間でいうと、酸化しなければ1〜3年が目安ですね。でも基本的にはほとんど酸化しないので、特別なことをしなくてもそのくらいは保存することができますよ。

ーーココナッツオイルを放置しておくと白く固まることもありますよね?

見慣れていない方は驚くかもしれないんですが、ココナッツオイルは25℃以下で固まる性質を持ってます。逆に言うと、それより高い温度にしてあげるとすぐにサラサラとした透明な液体に戻ります。
ちなみに、ココナッツオイルは個体から液体、液体から個体と状態変化を繰り返しても劣化することはほとんど無いので安心してくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社ブラウンシュガーファーストは、有機ココナッツオイルや有機アガベシロップ、有機アップルソースなどの食品輸入卸事業のほか、食べ物に価値を再付加するプロジェクト「#食べ物を棄てない日本計画」を実施しています。

株式会社ブラウンシュガーファースト
https://bs1stonline.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー