骨にいいイメージのあるカルシウムですが、実は骨を丈夫にする以外にも身体にいい作用がいっぱいあるのです。逆に不足してしまうと骨が弱くなるだけでなく、さまざまな身体の不調の原因に繋がります。

今回はカルシウムの大切さを伝えるとともに、カルシウムを効果的に摂取する方法を紹介していきます。カルシウムを摂りたい方はぜひ参考にしてください。

カルシウムの役割

カルシウムの役割

カルシウムの役割といえば、最もメジャーなのが骨や歯として形成されることです。実に体内の99%のカルシウムが骨や歯に当てられ「貯蔵カルシウム」と呼ばれています。骨として身体を支えるだけでなく、健康を維持するためのカルシウムの貯蔵庫にもなっているのです。

残りの1%は「機能カルシウム」として、血液や神経、筋肉の中に存在しています。心臓や脳の調整をしており、たった1%ですが身体にとって重要な役割を果たしているのです。そしてこの機能カルシウムが不足すると、貯蔵カルシウムが溶け出して機能カルシウムとして働くのです。

神経や筋肉に存在するカルシウムは、神経の伝達や筋肉の収縮を行うのをサポートしており、カルシウムがなければスムーズに神経や筋肉が働きません。また神経や筋肉の緊張や興奮も抑えることで、正常に働きに戻しているのです。

カルシウムが不足すると

カルシウムは骨として貯蔵されているため、不足したからといってすぐに症状として現れるわけではありません。しかし慢性的にカルシウム不足の状態が続くと、骨はスカスカになり骨粗鬆症になったり、若い時であれば身体を十分に成長させることができなくなります。

カルシウム不足で症状がでるのは骨だけでなく、神経過敏や動脈硬化など身体の至る部分にも及びます。カルシウム=骨と思っている方も多いのですが、身体の至る部分の調整してくれている栄養素なのです。

カルシウムを過剰に摂取すると

逆にカルシウムの摂りすぎも身体にはよくありません。命に関わるようなことは滅多にありませんが、食欲の低下や激しい倦怠感に襲われます。カルシウムの摂りすぎで骨が痛くなることもあるので、カルシウムやビタミンDのサプリメントを摂取する際には気をつけてください。

カルシウムの効果的な摂り方

カルシウムの摂り方

実はカルシウムは栄養素として身体に摂取しづらいため、カルシウム不足の日本人は多いです。日本の飲み水が軟水で、カルシウムがあまり含まれていないことも影響していいます。
ストレスを感じている人は、ストレスを鎮めるためにカルシウムを大量に消費しているため、カルシウム不足には特に気をつけましょう。

カルシウムは一緒に採る栄養素によって、吸収のされやすさも変わるので、カルシウムを摂るときは一緒に食べる食品にも気をつけたいですね。酢に含まれるクエン酸やたんぱく質と一緒にカルシウムを摂ると吸収率が上がります。
逆にスナック菓子に含まれるリンはカルシウムを体外に排出する作用があるため、食べすぎには注意しましょう。

カルシウム摂取にはオーガニックの海藻やゴマがおすすめ

カルシウムは牛乳で摂るという方もいると思いますが、実は牛乳は日本人の胃腸には合わず、カルシウムの吸収率はよくないと言われています。
日本人がカルシウムを効率的に摂るには海藻やゴマがおすすめです。オーガニックのものであれば、カルシウムの含有量も高く、他のミネラルも豊富に含まれているためおすすめです。

カルシウムで骨太に生きよう

カルシウムは子供のころから摂りなさいと言われるのに、不足になりがちな栄養素です。若い時であれば多少不足しても、いきなり骨が折れるといったことはありませんが、歳を重ねて骨が弱いのは悲惨なものです。不足しても症状に出にくいカルシウムですが、若い時から十分に摂取するよう心がけましょう。