緑黄色野菜などの成分でよく聞く「カロテノイド」という名前。このカロテノイドが
どんな成分で、どんな効果が期待できるのか、ご存知ですか?

今回はカロテノイドとはなんなのかや含まれる食材、期待できる効果についてご紹介します。

カロテノイドとは

カロテノイドとは野菜や果物に多く含まれる色素成分のことです。期待が寄せられているのは強力な抗酸化能力。身体のサビともいわれている活性酸素の発生を抑え、除去してくれる効果です。

活性炭素が多く発生すると、見た目の老化の他に、動脈硬化や癌といった疾患の要因にもなり得ます。

そんな活性酸素を取り除いてくれるカロテノイドは、美容だけでなく健康にもいいと注目を集めているんです。

カロテノイドはどんな野菜に含まれている?

さまざまな種類に含まれているカロテノイドですが、どんな野菜にどんなカロテノイドが含まれているか見てみましょう。

ニンジンに含まれる「β-カロテン」

最もポピュラーなカロテノイドの一つがβ-カロテン。体内でビタミンAに変換される特徴があります。ビタミンAと同じ働きをするため、抗酸化作用の他に視機能の改善やお肌の健康を保つといった効果が期待できます。

過剰摂取すると副作用のあるビタミンAと違い、β-カロテンはビタミンAが不足した分だけビタミンAに変換されるため安心して摂取できるのも特徴です。

豊富に含まれているのはニンジン。油と一緒に摂ると吸収されやすいのでニンジンを食べるときは油で調理したり、ドレッシングを利用するのがおすすめです。

トマトに含まれる「リコピン」

トマトの赤い色の成分であるリコピンも、カロテノイドの一種です。β-カロテンよりも優れた抗酸化力があると話題になっていますよね。

病気のリスクを抑えてくれるといった健康効果だけでなく、紫外線により発生するシミ・シワを防ぐ効果も期待できます。

肌や皮膚に蓄積されてメラニンの発生も抑え、シミ・シワも防いでくれるなど嬉しい作用があるんです。

目の働きを助けてくれる「ルテイン」

目のサプリなどに多く使われるルテインもカロテノイド。スマホやパソコンなどによって、常にダメージを受けている現代人の目を守ってくれる働きを持っています。

ルテインは強い光から目を守ってくれることから「天然のサングラス」とも呼ばれているんです。

ルテインがよく含まれているのは緑黄色野菜。ほうれん草やパセリ、ケールやブロッコリーなど青々とした緑が印象的な野菜に多く含まれています。また、ルテインは熱に強い成分でもあるので、加熱調理しても問題なく摂取できますよ。

皮ごと食べられるオーガニック野菜のススメ

カロテノイドは今回紹介したもののほかにさまざまな種類が存在しますが、野菜の色素成分のため皮に多く含まれています。

そのため皮ごと野菜を食べた方が好ましいのですが、皮ごと食べるには残留農薬の心配もありますよね。

おすすめなのは、農薬の心配がないオーガニック野菜です。丸ごと食べられるので、多くのカロテノイドを摂取できますよ。

カロテノイドで老化に負けない身体を

私たちの身体は日々さまざまな刺激によってダメージを受けています。いつまでもダメージに負けない身体を作るためにも意識してカロテノイドを摂って若々しく生きましょう。