いつでも誘惑してくる冷たくて甘いアイス。暑い夏も寒い冬も、アイスはいつでも食べたくなってしまうものです。ところで、みなさんが普段コンビニやスーパーで見かけるアイスは乳成分の量によって四種類にわけられることはご存じでしたか?

アイスの種類

これらの分類は食品衛生法に基づく「乳及び乳製品の成分規格に関する省令」と「食品、添加物等の規格基準」の2つの法律によって定められています。

  • アイスクリーム→乳固形分15.0%以上 うち乳脂肪分8.0%以上
  • アイスミルク→乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上
  • ラクトアイス→乳固形分3.0%以上
  • 氷菓→上記以外のもの

「乳固形分」は乳製品のなかの水分以外の部分、「乳脂肪分」は乳固形分に含まれる脂肪分の量であり、バターやクリームになる成分を指します。

【参考】日本アイスクリーム協会(https://www.icecream.or.jp/ice/kind.html)
    森永乳業株式会社(https://www.morinagamilk.co.jp/learn_enjoy/knowledge/03.html)

ラクトアイスは安い?!

お店で売っているアイスをいくつか手にとって、成分表示とお値段を見比べてみてください。見比べてみると、さきほどの分類ごとに価格帯が少々異なることがわかるかと思います。
一般的に、乳固形分の多いアイスクリームの方がより高く、少ないラクトアイスの方が安いという傾向にあります。
その理由は、ラクトアイスの原材料にあります。

ラクトアイスに含まれる添加物

アイスクリームには牛乳などの乳脂肪分が多く含まれていますが、ラクトアイスにはほとんど含まれていません。それでも、ラクトアイスを食べるとミルクのような味やコクを感じることができます。いったい、なぜでしょうか?
それは、植物性油脂にさまざまな添加物を加えてミルクの風味を出しているからです。
アイスクリームに用いられるような牛乳などに比べて原価の低い植物性油脂を主な材料とすることでお手頃な価格になっています。
使用されている植物性油脂は、調理によく使われるナタネ油やパーム油などがあります。上記の植物性油脂にはトランス脂肪酸が含まれます。いくら安いとは言え、ラクトアイスを食べることは健康的とは言いがたいでしょう。

オーガニックな素材で!手作りアイスにトライ

「なるべく安くアイスを食べたい、でもやっぱり身体に悪いものは食べたくない……。」
このようにお思いになったあなたに“アイスを手作りする”という提案をさせていただきます。
ご家庭で基本のアイスを作るときに必要な食材は牛乳、卵黄、砂糖の3つだけ。実のところ、アイスはとてもシンプルなスイーツなのです。
近頃人気のアイスクリームメーカーを使えば、手間なく作ることもできます。アイスクリームメーカーがなくても、泡立て器があれば簡単に作れますよ。
アイスも自分の手で作るなら、材料も信頼できるものだけを使えばいいので安心です。おまけに、安く作れます。その浮いたお金でオーガニックのフルーツを添えれば満足感たっぷりのスイーツに仕上がります。また、アイスは余裕のあるときに作って冷凍庫で保存しておくといつでも楽しめるのでおすすめです。

カラダにもココロにも優しい食生活を

食べるものは自分を作るから、できるだけ身体に良いものをとりたいですよね。しかし、身体にはよくないとわかっていても、やっぱり疲れたときには甘いものが食べたくなってしまうものです。そんなときには我慢せずに、自分に心の栄養としてスイーツをあげてみるのもよいでしょう。
その際に、コンビニやスーパーで手に取りがちなラクトアイスを我慢して、少しの手間と愛情をかけた手作りアイスを選んでみてはいかがでしょうか?添えるフルーツやシロップなどにもオーガニックを取り入れて自分の身体にも心にも優しい食生活が送れたら、毎日がちょっとハッピーになるかもしれません。