人体で一番最初に作られ、健康を大きく作用する臓器として注目を集めている「腸」。
この腸内の状況は、私たちの身体のさまざまな状態を決めているのですが、腸内環境を決めているのが「腸内フローラ」なのです。

今回は腸内フローラとはなんなのか、そして腸内環境を整えるためにはどうすればいいのかを紹介します。

腸内フローラとは

腸内フローラとは

私たちの腸の中には、1000種類以上の腸内細菌が600兆~1000兆ほどいるといわれています。
それらの腸内細菌は細菌の種類ごとに中の壁に敷き詰められているのですが、その様子が種類ごとに敷き詰められて咲いてる「フローラ(花畑)」のようなため、腸内フローラと言われています。

腸内細菌は大きく、身体にとっていい働きをする「善玉菌」と、身体にとって悪い働きをする「悪玉菌」、どちらにも属さない「日和見菌(ひよりみきん」に分類されています。
これら3つの割合が私たちの健康状態を左右していると言われ、「善玉菌:日和見菌:悪玉菌=2:7:1」のバランスが理想的と言われています。

腸内フローラのバランスが崩れると

普段は3種類の腸内細菌がバランスをとって共存していますが、過度のストレスや乱れた食生活が続くと、悪玉菌が増えてしまいます。
腸内環境が悪化することで、腸内の便を外に排泄するための蠕動運動がうまくできなくなり、便秘がちになります。
便がいつまでも腸の中に留まっていると、腸内で腐敗して病気の原因にもなります。

また腸美人は肌美人と言われる通り、腸と肌を密接な関係にあるのです。便秘によって腸の中の腐敗物が外に出せなくなると、それらは血液によって運ばれ、肌から排泄するようになるのです。その際に吹き出物や乾燥などさまざな肌トラブルを引き起こします。

また私たちの身体を守る免疫細胞の実に70%は腸の存在していると言えます。腸内環境が悪いと、免疫力が低下するため、腸以外のさまざまな病気の原因に繋がります。便秘や下痢など、排泄に問題がある方は将来的に病気になりやすいと言われています。

腸内環境を整えるにはオーガニック野菜がおすすめ

美容や健康のためにも、腸内の善玉菌に頑張ってもらいたいものですが、善玉菌とエサとなるものは私たちが口にしたものだけです。私たちが普段口にしているものによって、善玉菌が頑張れるかどうかが決まっています。

そのために積極的に摂取したいのが食物繊維。腸内細菌は腸の中に食物繊維があるときは食物繊維を食べて健康にいい物質を作ってくれます。
しかし食物繊維がなくなると、代わりにたんぱく質を食べ始めるのです。腸内細菌がたんぱく質を食べると、逆に身体に悪い物質を出してしまうため腸内環境が乱れることになるのです。
そのため腸内環境を整えるには、食物繊維の豊富な野菜やキノコ類を積極的にとるといいでしょう。

しかし野菜であれば何でもいいわけではありません。一般的な売られている野菜には科学肥料や農薬などが残っている可能性が高く、これらが腸内環境を乱すことが考えられます。
身体にいいと思って野菜を食べていても、その野菜によって残留農薬を摂取していると腸内環境を悪化させる原因となるのです。

そのため決められた農薬のみで作られたオーガニックの野菜がおすすめなのです。
残留農薬の心配がないため、栄養が詰まっている野菜の皮も安心して食べられます。皮をむく手間も省けるので、健康にいいだけでなく、時間も節約してくれるのです。
何気なくスーパーで買ってしまう野菜ですが、一度本当に身体にいいのか考えて選んでみてはいかがでしょうか。