目の機能を守ってくれることで有名なルテイン。パソコンやスマホなどで、目を酷使しがちな現代人にとってはぜひ摂って欲しい栄養素です。しかし、ルテインには目の疲れを取ってくれるだけでなく、さまざまな効果があると言われています。

今回はルテインについて、どのような効果があるのか、どんな食べ物に多く含まれているのか紹介します。一日中液晶を見ているという方はぜひ参考にしてください。

ルテインとは?

ルテインとはカルテノイドの一種です。カルテノイドとは動植物に含まれる自然の色素のことで、高い抗酸化力が注目されています。
ルテインは黄色の成分で、花の場合マリーゴールドの黄色の花弁、野菜ならにんじんやカボチャといった緑黄色野菜に含まれています。

緑黄色野菜とルテイン

ルテインは人体の中にも存在しており、その大半が目の中、水晶体と黄斑部という部分に多く存在しています。
目以外でも、皮膚や大腸、女性だと乳房や子宮頸部にも存在している栄養素なのです。しかし、ルテインは人体では合成できない上、加齢と共にどんどん減少していきます。目の健康を維持するためには、食事などからルテインを摂取しなければいけません。

ルテインの効果

ではルテインを摂取するとどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

目の疲れをとってくれる

ルテインは人に摂取されると、その高い抗酸化作用から、目の中にたまった活性酸素を除去してくれます。活性酸素がたまると、細胞の老化を促進させるため、ダメージとして身体に溜まっていくのです。
パソコンやスマホから発せられるブルーライトはこの活性酸素を大量発生させるので、目によくないと言われているのです。

視界のコントラストの感度がよくなる

ルテインが存在している目の黄斑部という部分は、コントラストを感知する部分でもあります。この黄斑部に活性酸素がたまると、コントラストの感度が下がるのです。逆にルテインを摂って活性酸素を除去すれば、コントラストの感度が上がることになります。

美肌効果

ルテインは目だけでなく、肌にも存在します。そして肌も酸化や光によって発生する活性酸素によって老化してしまうのです。
ルテインの強い抗酸化力は、肌の老化にも機能して、老化を防いで美しい肌を保ってくれます。

炎症によるダメージを低減

ルテインには活性酸素を除去するだけでなく、炎症を抑える効果もあります。目の炎症はさまざまな病気の原因となるため、早いタイミングで目の疲れをとる必要があります。

ルテインを摂取するには

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれており、ホウレン草やブロッコリー、ケールといった野菜を摂るのが効果的です。また、ルテインは油と一緒に採ることで吸収率が上がるため、油を使った調理がおすすめです。バターなどと炒めるのも美味しく頂けますね。
ルテインは熱に強いため、加熱調理しても壊れないのが特徴です。栄養によっては加熱調理すると壊れる場合もあるので、熱に強いのは嬉しいですね。

また体内でルテインとセットで存在する、ゼアキサンチンと一緒に採るとより効果的に体内で働いてくれます。ゼアキサンチンはパプリカやホウレンソウに多く含まれているので、ルテインを摂取した時は一緒に採るといいでしょう。
ほうれん草はルテインもゼアキサンチンも含んでいるため、効率よく摂取できます。

ホウレンソウ

オーガニック野菜でルテインを摂ろう

ルテインは野菜に多く含まれていますが、どうせ野菜を摂るなら安心なオーガニック野菜がいいですよね。概して味がしっかりしてあくが少ないので食べやすいでしょう。

サプリメントなどで摂取する場合も、人口ルテインかオーガニックか確認しましょう。人口ルテインの場合には副作用が出る危険性もあります。