前回はオーガニックマキベリーパウダーの輸入販売を行うアリエルトレーディングの平野さんに、マキベリーの魅力について紹介していただきました。

今回は、そんなマキベリーについてより深くお話を伺いつつ、平野さんが考える”オーガニック”について語っていただきました。

(参考)【スーパーフードの新常識】アサイーの約8倍のポリフェノール!?”マキベリー”でワンランク上の自分を実感!

食材選びは”ファイトケミカル”を意識しよう

ーーマキベリーにはポリフェノールが豊富だという話を伺いましたが、マキベリーに限らずその他に女性にとって嬉しい栄養素にはどのようなものが挙げられますか?

そうですね、”ファイトケミカル”を意識して食材を選んでみるのもおすすめですよ。ポリフェノールもその一種なんですけどね。

ーーファイトケミカルってなんでしょう?

ファイトケミカルとは、植物が自ら作り出した栄養素のことだと思ってください。「ファイトケミカル」とも言って、強い抗酸化力を持っていることで知られています。
たとえばマキベリーやアサイー、ぶどうなんかの実の表面は黒紫色をしていますが、あの色素にはポリフェノールがたっぷりと含まれています。これもファイトケミカルの一種です。

ーーでは色がはっきりと分かるような野菜や果物にはだいたいファイトケミカルが含まれてるということですね

そう考えていただくのが一番簡単かもしれませんね。緑黄色野菜なんかは分かりやすいのではないでしょうか。
でも冷静に考えると、科学が発達してなかった頃って、もともと自然なものを摂り入れて人間は進化してきたはずなんですよ。逆にいうと、加工したものじゃなくて自然のものをそのまま摂り入れることが健康に繋がるんじゃないかって思うんです。

オーガニック食品は未来の自分への投資!

ーーオーガニックの商品の中でも良いものと悪いものを見分けるポイントってあるんでしょうか?

基本的には、小売店ごとに取り扱う商品にはある程度の基準があります。
大手スーパーに行くとその基準は緩いことがありますが、明らかにオーガニックや自然食品にこだわっていることが分かる店であればある程度は安心できますよ。
すべてがそうだと言い切れるわけではないですが、そのお店のこだわりは店舗の中のポップを見たり、ホームページを確認すると伝わってくるかなと思います。

スーパーマーケット

ーーでもやっぱりそういうお店で売られている食品ってちょっと高く感じてしまいますよね・・・

たしかに人によってはそう感じる方も居るかもしれません。ただ、逆に価格が安すぎるものって裏に何かがあるんですよ。

ーーというと、やはり農薬や添加物についてでしょうか?

そうですね。たとえば農薬を使った野菜や果物って収穫がしやすいので、安定して大量に栽培することができるから価格もある程度は安定して安くなります。
でも、農薬を使っていない野菜や果物って収穫量が安定しないこともあるし、そもそも収穫すること自体がとても大変なので大量に作ることができません。値段も高くなるのは当然なんです。
だからこそ、良いものにはちゃんとそれ相応のお金を払うっていう良い循環が、野菜を育てる人にとっても売る人にとっても、それを食べる人にとっても結局は健康に繋がると思うんですよね。

ーー今の女性の食生活で問題だと思うことってありますか?

いまの若い人たちは危機感が薄い傾向がありますよね。ジャンクフードを頻繁に食べたり、砂糖がたくさん入った飲み物を毎日のように飲んだり。でもそれって、今すぐにはなにも影響を感じないかもしれないけど、10年後とか20年後とかにほぼ確実になにかしら体調の悪化に繋がると思います。

ーー平野さん自身もそのような経験が?

実は私自身、加工食品ばかり食べていたような時期があったんですが、その時に体のどこかに異常が出てくるのを実感し始めたことがありました。
でも自分自身がオーガニックのものを積極的に摂り入れるようになってからは、それまで感じていたダルさがなくなったり、あとは体調を崩しにくくなりましたね。
私自身がそのような経験をしているからこそ、より多くの人にオーガニックを親しんで欲しいって思えるんです。

ーーたしかに今は気づかないというだけで、着実に体にダメージを与えているのかもしれませんね。

そうなんです。あと、女性は特にデトックスは絶対に意識するべきですね。
良いものを摂り入れるのも大切だけど、それだけじゃなくて体内の悪いものを外に出すこともやっぱり重要で。
だからこそ、もしも数年後や十数年後も若々しく居たいのであれば、今から睡眠リズムと腸内環境は絶対に整えて内側から自分の体に優しくして欲しいと思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社アリエルトレーディングは、海外のナチュラル&オーガニック製品をいち早く国内市場に展開し、数多くのお客様にその素晴らしさをお伝えしています。

株式会社アリエルトレーディング
http://arieltrading.co.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー