油というとダイエットや健康の敵のように扱われがちですが、実は油にも健康に必須な脂があるのです。むしろどんな油を普段から摂取するかで、私たちの健康は左右されると言ってもいいでしょう。

今回は摂取した方がいい身体にいい油について紹介するので、油を選ぶ時は意識して選んでください。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

あぶらには大きく「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」があります。なぜあぶらを平仮名にしたかというと、常温で液体である飽和脂肪酸を油、常温で個体である不飽和脂肪酸を脂と表すためです。

ごま油やオリーブオイルなど普段家庭で使う油は飽和脂肪酸、牛脂やココナッツオイルなど個体で見かける脂は不飽和脂肪酸ということになります。

では飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸、どちらが身体にいいのかを考えてみましょう。
常温で液体、個体に分かれているということは、私たちの身体の中でも液体か個体になっているということです。牛脂などは焼肉などで熱して溶けた状態で口にしますが、私たちの身体に入ったあとは個体になっているということです。

もし摂取した飽和脂肪酸が血管などで固まった場合、血管を詰まらせ脳梗塞や心筋梗塞の原因になる可能性もあるのです。そのため、摂取するなら不飽和脂肪酸がおすすめですが、不飽和脂肪酸もオメガ3、オメガ6、オメガ9と分類されます。

今回はその中でも摂取したいオメガ3とオメガ6について紹介します。

積極的に摂取したいオメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸とは必須脂肪酸、つまり身体にとって必要だけど、人の体内では作れない油のことです。アマニ油やえごま油、くるむといった植物の他に、サンマ、サバ、アジなどの魚にも含まれてます。オメガ3脂肪酸の中でもその効果が着目されているのが、「α-リノレン酸」と「DHA&EPA」です。どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

腸内環境を整え、免疫力を上げる

オーガニックオイルの効果

オメガ3脂肪酸には、腸内の悪玉菌を減らし腸内環境と整える効果があります。腸内環境が整うと便秘の解消にもなりますし、美肌の効果もあります。また腸の働きが正常になることで免疫力を高める効果も期待できます。アトピーや花粉症などの免疫力の低下によって起きる症状に対して効果的と言えるでしょう。

腎臓の働きを高めてダイエットをサポート

オメガ3は腎臓の働きも促進させる効果があります。腎臓の働きが活発になることで全身の代謝が促進されダイエットにも効果的です。油はダイエットに悪いと思っている方もいますが、オメガ3系の油であれば、むしろダイエットの味方になってくれます。さらに腎臓の働きがよくなれば、肌の代謝も促進されるため、肌を若く保つ効果もあります。身体にも肌にもダブルで美容効果を期待できます。

血流をサラサラにして生活習慣病を予防する効果

油は血液をギトギトにするイメージを持っている人もいませんか?オメガ3系の油では、DHAとEPAがむしと血液をサラサラにしてくれるので、血流をよくしてくれるのです。血流がよくなれば血液のつまりが原因で起きる脳梗塞などの病気を予防してくれるのです。

油にこだわるならオーガニックの油を

オーガニックオイルがおすすめ

油にこだわってオメガ3系の油を摂取するなら、オーガニックの油を選びましょう。油の中には傷んだ材料も使って油を搾っている場合もあり、品質の低いものも存在します。オーガニックの油であれば有機で作られた新鮮な材料のみで作られているため、品質がよく安心して利用できます。

オメガ3系の油でキレイと健康を手にしよう

健康やダイエットの敵にされがちな脂ですが、オメガ3系の油を選んで摂取すれば、肌にも身体にもいい効果があるのです。今度から油を買う時は、しっかり選んで積極的に摂取するようにしましょう。