身体にいい油として注目されるオメガ3脂肪ですが、オメガ3脂肪酸の他にも身体にいい油があるのです。それがオメガ9脂肪酸。身体にもいい効果がたくさんあるので、積極的に摂取したいですね。

今回はオメガ9脂肪酸とはなんなのか、どのような効果が期待できるのか紹介します。油を選ぶ時には参考にしてください。

オメガ9とはどんな油

オメガ9オイル

油は大きく分けると常温で液体である「不飽和脂肪酸」と、常温で個体になる「飽和脂肪酸」に分けられます。
不飽和脂肪酸はその中でも、身体に必要だけど身体の中で生成できな「必須脂肪酸」と、体内でも合成される脂肪酸に分類されます。

オメガ3脂肪酸は必須脂肪酸で食品から摂取するしかありませんが、オメガ9は食品から摂取するほか身体の中でも合成できるのです。

オメガ9系の脂肪酸が含まれる油として代表的なのがオリーブオイル。最近ではオリーブオイルの他にオメガ9脂肪酸が多く含まれるように品種改良されたべに花油や、なたね油も流通しています。

オメガ9に期待できる効果

オメガ9脂肪酸の代表的なものにオレイン酸がありますが、身体にとってどのようなメリットがあるのかみていきましょう。

オメガ9は他の不飽和脂肪酸に比べて安定性が高く、加熱しても酸化しづらいため、加熱調理に使ってもそのままメリットを受けられるという特徴があります。

悪玉コレステロールを減らし、柔らかい血管にしてくれる

コレステロールに「善玉」と「悪玉」があるのは聞いたことがあると思います。善玉は血管中の余分なコレステロールを運び出して、血管中を掃除してくれますが、悪玉は増えすぎると、血管の壁にこびりつくため悪玉と言われるのです。

悪玉が血管の壁にたくさんこびりつくと、血管が固くなって動脈硬化の原因になります。

しかし、オレイン酸はこの悪玉だけを減らしてくれる効果が期待できるのです。
油の中には悪玉菌と一緒に善玉も一緒に減らしてしまうものもありますが、オレイン酸は全玉は減らさず悪玉に絞って減らしてくれます。血管の固さに不安がある方は積極的に摂りたいですね。

腸のぜん動運動を促して便秘解消効果

オレイン酸は小腸で消化吸収されにくく、大腸まで届く特徴があります。多くの食材が小腸で消化吸収されるため、大腸に届くオレイン酸は腸を整えるために摂取したい栄養なのです。

腸のぜん動運動を促すだけでなく、オレイン酸の持つ入荷作用が、腸の中の便の動きをスムーズにし、排出しやすくしてくれます。腸美人は肌美人というように、腸を整えてくれることで美容にも効果的です。

胃酸の分泌を調整して胸焼けなどの防止に

油っぽいもの食べると胸焼けや胃もたれをする方もいるかと思いますが、あれは油が胃の中に長く留まって余計に胃液を分泌してしまうからです。ひどい場合は胃炎や胃潰瘍などにかかる場合もあります。

オレイン酸は胃の中に留まる時間が飽和脂肪酸などに比べて短いため、余分に胃液を分泌させる必要がありません。そのため、オメガ9の油を使った料理では比較的胃もたれなどしないですむでしょう。

オメガ9を多く含む油

オメガ9オイル

オメガ9がどのような油に含まれているかというと、べに花油、オリーブオイル、なたね油、こめ油などです。料理をあっさり仕上げたい時に使いたいほか、素材の甘味を引き出す効果もあるため、スイーツなどに使うのもおすすめです。

オーガニックの油にこだわるとより効果的

身体にいい効果のあるオメガ9ですが、市販されている油の中には傷んだ素材で作られた油など質の低い油も並んでいます。もしこだわって油を選ぶのであれば、有機農法で作られた素材で作られたオーガニックの油を選ぶとより効果的でしょう。香りもよくそのまま食べてもおいしいです。