スナック菓子や食品添加物に使われるため、身体に悪いものとして扱われることもあるミネラル「リン」。しかし、骨や歯を作るために必要な存在でもあるため、一概に悪者にはできないのです。

今回はリンの働きや、過剰摂取によってどんな弊害があるのか紹介します。普段からスナック菓子や食品添加物などを食べがちな人は、リンの過剰摂取になる可能性が高いので気を付けてください。

リンの役割

リンは「補酵素」としての役割が期待されるミネラルです。補酵素とは別の成分が働くときにサポートする栄養素のことです。
例えばたんぱく質の中にはビタミンのサポートがなければうまく機能しない場合もあるのです。リンはビタミンB1、B2と結合し、たんぱく質の働きを助け糖質の代謝を促進します。リンの働きによって、体内でエネルギーが蓄えられので、我々は日々の活動を行っているのです。

リンの役割

他にもカルシウムやマグネシウムと結合して、歯や骨を作るサポートもしています。体内の約80%のリンはリン酸カルシウム、リン酸マグネシウムとなって骨や歯となっているのです。ちなみに骨の中では、カルシウムに次いで2番目に多いのがリンなのです。

リンはさまざまな物質と結合することで、身体の至るところに存在しさまざまな働きをしています。細胞膜の成分になったり、脳の形成にもリンの働きが関与しており、その役割は多岐に渡ります。

リン不足で起きる弊害

リンが不足すると、まず影響があるのは骨や歯です。骨が脆くなったり歯槽膿漏になるなどの症状が現れます。さらには筋肉を委縮させたり、神経痛を引き起こすケースもあります。

しかし、リンはさまざまな食品に含まれているため、リンが心配はほとんどないのが現状です。菜食主義で動物性のタンパク質を全くとらない人は、野菜に含まれる利用効率の低いリンしか摂っていないので気を付けてください。

リンの過剰摂取による弊害

リンはさまざまな食品に含まれる他、食品添加物やスナック菓子にも多く含まれているため、過剰摂取気味の現代人は多いのです。リンを過剰摂取すると、逆にカルシウムを体外に排出してしまい骨を弱めてしまうことになります。

リンの過剰摂取

他にも腎不全や腎臓結石などもリンの過剰摂取によって起きる場合があります。腎臓でリンが吸収されるのを防ぐために副甲状腺ホルモンが分泌されるのが原因です。成人女性の場合は、副甲状腺ホルモンによって骨が破壊されて、骨密度が急激に下がることもあるので注意が必要です。

オーガニック宅配でリンの過剰摂取に注意を

不足よりも過剰摂取が心配されるリンですが、その原因はコンビニ弁当や、ハムやソーセージといった加工食品中心の食生活によっておきます。また、ジュースにも多く含まれているため、食事の大半をコンビニで占めている方は自然とリンの過剰摂取になりがちです。

忙しくてスーパーに行くヒマもないという方は、ネットで注文できるオーガニック食材の宅配サービスを利用してみてはいかがでしょうか。買い物行く手間が省けますし、素材がよければ調理にあまり手を加えなくても美味しく頂けます。スーパーに行く時間もなく、調理する手間もかけたくない方にとって、オーガニック食品は力強い味方なのです。

何事もバランスが大事

添加物によって、私たちは手軽においしいものを食べれるようになりました。コンビニによって、生活はぐっと便利になったと思います。この生活を180°変えるのは難しいかもしれませんが、意識してバランスをとることが重要です。

リンも身体に必要な栄養ですが、摂りすぎれば何でも毒になります。過剰摂取にならないよう、添加物を多く含む食品を食べる機会を減らしてみてはいかがでしょうか?