シミ、シワ、たるみに、肌のくすみ、老化は目につきやすい場所にも現れますが、実は体内でも起こっています。骨がもろくなったり、動脈硬化も老化が原因でおきる症状の一つです。

しかし、老化とは身体の中でどのようなことが起きているのでしょうか。最近の原因では老化と密接な関係ある「糖化」という現象に注目が集まっています。

今回は糖化とはなんなのか、糖化を抑えるにはどうすればいいのかを紹介します。いつまでも若々しい身体を手に入れたい方はぜひ参考にしてください。

糖化とは

糖化とは

糖化とは、分かりやすく表現すると「身体の焦げ」です。ホットケーキを焼くと、表面がこんがり焼けて変色しますが、あれがまさに糖化という現象です。
卵の「タンパク質」と、「砂糖」が結び付くことで、AGE(糖化最終生成物)と物質となります。料理で糖化が起きると美味しいのですが、体内で糖化が起きると様々なマイナスの現象を起こします。

糖化が肌で起こると、冒頭で述べたものを含めたさまざまな老化現象が起きます。血管で糖化が起きると、血管の弾力性が失われ動脈硬化に繋がります。骨で糖化が起きると、骨がスカスカになって、骨粗しょう症を引きおこします。全て老化によっておきる現象ですが、その正体はこの糖化が原因だったのです。

糖化が起きる要因

なるべく起きて欲しくない糖化ですが、どのように人の身体は糖化してくのでしょうか。その要因は大きく「体内で糖化が起きる場合」と「体外からAGEを摂取する場合」に分けられます。

体内で糖化が起きるメカニズム

糖化はタンパク質と糖が結合する現象だと説明しました。私たちの生活で問題になるのは糖です。私たちの血液に含まれる糖の量を、血糖値といいますが、この血糖値が高ければたんぱく質と結合する糖も増えて糖化が起きやすくなります。

糖は食事をすると上がりますが、血糖値の高さと、血糖値が上がっている時間の長さによって、AGEの量は決まります。食品の血糖値の上がりやすさをGI値という数値で表しますが、このGI値の高い食品が糖化を進めると言っていいでしょう。
糖分が多く使われているスイーツやスナック菓子はもちろん、白米などの炭水化物も高GI食品と言えます。

糖化の原因

体外からAGEを摂取している場合

体内でAGEを作るだけでなく、既にAGEを口にしても体内の糖化は進むことになります。たんぱく質となる肉や魚を熱すれば、糖化が進みAGEになるのです。調理方法によってもAGEの量は変わります。フライパンで焼いたり、油で揚げるなど高温での調理はAGEが多くなります。
逆に茹でたり蒸すといった方法では、水が100°までしか上がらないためAGEはできづらいです。水炊きした場合のAGEを1だとした場合、焼いた場合は5倍、油で揚げた場合は10倍ものAGEができます。

また注意したいのが電子レンジ調理。電子レンジで温めると高温になるため、1回でも大量のAGEができます。さらに何度も温め直すと、そのたびにAGEができてしまうので気を付けなければなりません。

オーガニック野菜で糖化を防ごう

糖化を防ぐことを「抗糖化」といいますが、抗糖化に有用なのが食物繊維です。食物繊維は糖質の吸収を穏やかにするという効果があるため、同じもの食べても、食物繊維を先に食べた方が血糖値が上がりにくいのです。食物繊維を多く含む野菜を食事の最初に食べることで、血糖値の上昇を抑えられるため、結果的に抗糖化に繋がります。

また野菜を食べる時は、オーガニック野菜を皮ごと食べるのがおすすめです。野菜の皮には老化を防ぐ成分が多く含まれていますが、一般の野菜では皮に農薬が残っている可能性が高く別の不安が残ります。オーガニック野菜なら安心して皮ごと食べれるので、調理の手間も省けるのでおすすめです。