仕事に、家事に、子育てに。忙しい毎日を送っていると、食生活や健康面に注意を払う余裕が持てなくなりますよね。
そんな方におすすめなのが「スムージー」を日常に取り入れること。ミキサーさえあれば数十分で作れる上に、野菜や果物の栄養素を無駄なく摂取できます。

今回は、そんなスムージーのメリットや栄養価、作るときのポイントなどをご紹介。すでに実践済みの方も、あらためて基本を見直してみましょう!

スムージーの特徴と5つのメリット

スムージーのメリット

スムージーとは、野菜や果物をミキサーにかけて作った飲み物のこと。
本来は凍らせておいた食材をシャーベット状にしたものを指しますが、生の野菜・果物を牛乳や豆乳、ヨーグルトと混ぜるなど、バリエーションは豊富。その中でも「グリーンスムージー」は、緑黄野菜と果物、水を混ぜたものでダイエット効果も期待できます。

そんなスムージーのメリットは以下の通り。

  • 食物繊維をたっぷりとれる
  • 栄養素を壊すことなく摂取できる
  • 腹持ちがいいのでダイエット食に最適
  • 短時間でササッと手軽に作れる
  • 相性の良いスーパーフードにもチャレンジしやすい

最大の特徴は、栄養素を無駄なく摂取できること。
例えば、ビタミンCは加熱によって損なわれやすいという欠点を持っています。調理方法によっては壊されてしまう栄養素もありますが、生のまま加工するスムージーはその心配はほぼありません。栄養素を丸ごといただけるのが、一番のメリットといえるでしょう。

スムージーは女性に嬉しい効果がたくさん!

野菜と果物の魅力を丸々いただけるスムージー。
組み合わせ次第で様々な栄養素を摂取でき、以下のような効果を期待できます。

  • 便秘解消
  • ダイエット効果
  • アンチエイジング効果
  • 美肌効果
  • デトックス効果

スムージーは、自分の体調に合わせて食材を選べるのもポイントです。
例えば、「最近、便通が良くないな」と感じているなら、食物繊維を豊富に含んでいる野菜を選べばいいですし、「やっぱり美肌効果も加えたい」というワガママも、ビタミンCが豊富な果物を組み合わせるだけでOKです。

スムージーを作るとき・飲むときのポイント

スムージーのポイント

手軽に作れるスムージーですが、日々の生活に取り入れる際のポイントがあります。場合によっては体調を崩してしまう恐れもあるので、注意点を抑えておきましょう。

1)朝食の代わりに飲む

スムージーはどの時間に飲むのが適しているのかと迷っている方が多いかもしれませんが、おすすめなのは朝食の代わりにすること。目覚めたばかりのお腹は本調子ではないので、消化に負担のかかりにくいスムージーなら体の機能を優しく引き起こしてくれます。

2)皮や種も無駄なく摂取する

野菜や果物の栄養価は、実よりも「皮」や「種」のほうが高い傾向にあります。ついつい捨ててしまいがちですが、ミキサーに一緒に入れてしまいましょう。安全性を考えるなら、オーガニック栽培のものがおすすめ。味も濃厚なのでスムージーがより美味しく感じられますよ。

3)毎日飲まないほうがいい

栄養価が高いスムージーも、毎日、毎食のように飲み続けるのはおすすめできません。食生活が偏ってしまい、不足する栄養素が必ず出てくるからです。
1食分をスムージーにする、1週間で飲む日を決めておくなど、他の食事と合わせながらバランスよく生活に取り入れていきましょう。

効果別!野菜・果物の組み合わせ方

スムージーの作り方

スムージーの作り方はとっても簡単!

  1. 野菜や果物を流水でよく洗う
  2. 適当な大きさに切る
  3. やわらかいもの、水分が多いものから先に入れてミキサーにかける

以上の3ステップで作ることができます。
調理時間も5分〜10分程度なので、忙しい方でも気軽に始められます。効果・効能別におすすめの野菜・果物をピックアップしてみたので、参考にしてみてください!

1)便秘解消

セロリ・小松菜・りんご・春菊の葉など
便通を改善するには食物繊維を摂取することが良いとされています。セロリや小松菜に豊富に含まれている食物繊維で腸内の改善を図りましょう。野菜の味だけだと飲みにくいので、甘みの強いブドウなどの果物で味わいを整えるのがおすすめです。

2)ダイエット

コーヒー、ココナッツミルク、グレープフルーツなど
意外に知られていませんが、カフェインには脂肪分解・燃焼を助ける効果があるとされています。また、ココナッツミルクにはコレステロール値を下げる働きがあるので、牛乳の代わりに利用すると良いでしょう。

3)アンチエイジング

ブドウ、ブルーベリー、アサイー、オレンジなど
ポリフェノールには強い抗酸化作用があるといわれています。また、ブドウやブルーベリーの実よりも皮のほうが栄養価は高いので、丸ごとミキサーのなかに入れてしまいましょう。

4)美肌、肌荒れ改善

オレンジ、マンゴー、バナナ、ココナッツオイルなど
美肌効果を求めるなら、ビタミンCがたっぷりと含まれた食材を選びましょう。また、バナナについては、黒い斑点(シュガースポット)が出るくらい熟したものがおすすめ。甘みも増しますし、老化を防ぐ効能が高まるといわれています。

まずは無理のない範囲で始めてみましょう!

野菜と果物の栄養素を丸ごと摂取できるスムージー。ミキサーさえあれば簡単に作ることができるので、気軽に始めてみてはいかがでしょうか。
まずは休日の朝に作ってみて、馴れてきたら平日の朝にも取り入れてみましょう。継続的に飲み続けていけば、徐々に体調やお肌に変化が表れてくるはず。
他の食事や栄養とのバランスをとりながら、スムージー習慣を始めてみてくださいね。