「美味しいものをお腹いっぱい食べたい、でも体重とウエストのサイズは気になる」そういう女性に最近人気なのが野菜料理がメインのレストランです。
特にオーガニック野菜が食べ放題のビュッフェは、低カロリーなのでたくさん食べても太りにくい、むしろ美容と健康にもプラスになると注目度が上がっています。ここでは、東京都内の野菜中心のビュッフェがあるお店を紹介していきます。

大地の贈り物

大地の贈り物
まずは上野にある「大地の贈り物」です。100種類ものメニューがあり、和風スイーツやディナー限定のお寿司も提供しています。

ビュッフェは全国各地の新鮮な有機野菜に加えてフルーツも豊富なので、パプリカ・トマトのようなビタミンカラーの野菜と色鮮やかなフルーツを可愛らしくお皿に盛りつければインスタ映えすること間違いなしです。

ランチからディナーまで値段もお手頃なのでオーガニック野菜に興味がある人は一度利用してみてはいかがでしょうか。

住所:東京都台東区上野 4F 鈴乃屋ビル 11 20 1
営業時間:11:00~16:00
     17:00~22:00

農家の台所

次に銀座の「農家の台所」。「農家の台所」の特徴は何といってもサラダバーでしょう。シェフが目の前で並べてくれるカットしたての野菜は鮮度抜群です。

また普通は火を通さないと食べられないカボチャやナスが生で味わえたり、そのままで塩の味がするソルトリーフのような珍しい野菜も数々用意されていたりと、貴重な食体験を楽しむことができます。

ドレッシングも種類も豊富なので、味に飽きることなくいろんな野菜を試せます。いろんな種類の野菜を沢山味わいたい方にはオススメのお店といえるでしょう。

住所:東京都中央区銀座2丁目4−18 アルボーレ銀座
営業時間:11:00~15:00
18:00~23:00

やさい農家

やさい農家
続いて新大久保の「やさい農家」。日本では珍しく韓国のソウルフード「サンパ」を専門に扱っています。サンパとは肉やキムチなどの具を野菜で包んだ料理です。

お店の看板メニューは焼いた豚肉を好きな具材と一緒に野菜で巻いて食べるサンパ「サムギョプサル」の食べ放題コース。

オーガニック野菜がたっぷり摂れる上にキムチや青唐辛子など脂肪燃焼効果のある具材が多いので、お肉をたくさん食べてもあまりカロリーを気にせずに済むと大好評です。

野菜の味の特徴や栄養素についてのリストがあるのも美容健康に気を遣っている人には嬉しいところで、知らない野菜に挑戦しやすいメリットもあります。

住所:東京都新宿区大久保1丁目16−22
営業時間:11:00~22:30

オーガニックレストランデリみどりえ

学芸大学にある「オーガニックレストラン&デリみどりえ」は土日のランチがビュッフェスタイルになっていて、野菜だけでなく使用されている食材のほとんどがオーガニック食品です。

ドレッシングやソースもすべて手作り、油は常に新しいものを使うなど、鮮度と安全性に細部までこだわっています。

生野菜だけでなく蒸し野菜などさまざまなアレンジメニューを楽しむことができるのも特色です。
2018年3月から新しいランチメニューが増え、土日祝日だけの限定ランチメニューも取り扱うようになりました。

住所:東京都目黒区鷹番2-21-10学芸大スカイクレーパー1F
営業時間:11:30~22:00

春秋

春秋
最後に溜池山王をはじめ7つの店舗を展開している「春秋」を紹介します。

料金に500円プラスするだけで朝摘みの有機野菜が食べ放題になるランチが評判で、特に「出来立ておにぎりと有機野菜取り放題ランチセット」はこだわりの美味しいおにぎりに野菜食べ放題がついて1000円とリーズナブルです。

中でも溜池山王店では契約農園から取り寄せた大和野菜・京野菜など東京では手に入りにくい野菜も味わうことができます。

同店は高層ビルの27階というロケーションなので、窓からの眺めを堪能できる点でもおすすめです。

住所:東京都千代田区永田町2-11-1山王パークタワー27階
営業時間:11:300~14:30
17:00~23:00

まとめ

ここでは5つのお店を取り上げましたが、他にも野菜を主体とした個性的なレストランが東京にはいくつもあります。

いろんな種類の普通には売っていない野菜も味わえる、家庭では難しいような凝った調理法のメニューを堪能できるのが、野菜メインのお店を利用する醍醐味といえるのではないでしょうか。

オーガニック野菜を試してみたいなんて人は一度ランチに訪れてみてはいかがでしょうか。