「オーガニック野菜」や「無農薬野菜」、「有機野菜」と書かれた野菜をスーパーでもよく見かけるようになりました。オーガニック野菜のみを使った飲食店も増えてきており、オーガニックに対する意識が高まっています。

しかし、「オーガニック野菜」と「無農薬野菜」は、実は違うものであるというのをご存知ででしょうか?健康や美容に気を使うのであれば、この違いもしっかり理解しておきたいところ。

そこで、この記事ではオーガニック野菜と無農薬野菜の違いについて解説します!

オーガニック野菜は化学肥料の影響が非常に少ないもの

まずはオーガニック野菜について。オーガニック野菜は海外のセレブやミュージシャンなども日常的に摂り入れていますし、健康や美容にいいイメージがありますよね。

無農薬野菜

オーガニック野菜の定義は次の2つ。

  • 堆肥などで土作りをし、種まきや植え付けをする2年以上前から化学合成された農薬や肥料を使用していないこと
  • 遺伝子組み替え技術を使用していないこと

この定義を満たしている栽培方法を「有機栽培」といいます。そのため有機野菜とオーガニック野菜は基本的に同じもの、として考えてよいでしょう。

そして実は、オーガニック野菜は「完全に農薬や肥料を使用していない野菜」ということではありません。国が定めた基準を満たしていれば、農薬を使用していたとしても「オーガニック野菜」と表記することができます。

オーガニック野菜は農林水産省が定めたJAS規格に適合したものであり、その商品パッケージには「有機JAS規格」のマークが付いています。そのため、この規格に適合していない商品に関しては「オーガニック」や「有機」と謳うことはNGです。

有機JAS
引用ー農林水産省Webサイト(http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html)

無農薬野菜は栽培中に農薬を使用しなければ「無農薬」と謳える

では、無農薬野菜とはどのようなものなのでしょうか。

無農薬野菜はその名の通り「栽培期間中に農薬を使用していない野菜」のことを指しますが、実は現在では「無農薬野菜」と表記することはできないことになっています。
生産者によって「オーガニック」や「無農薬」と表記する基準が統一されておらず、消費者に誤解を与える可能性があるとされ、平成16年に禁止されることになったのです。

オーガニック野菜と無農薬野菜の違いは化学肥料の使用の違い?

ここまでのお話だけだと、
「オーガニック野菜も無農薬野菜も農薬を使ってないことはわかったけど、実際なにが違うの?」
と思われるかもしれません。しかし、この2つは大きな違いがあるのです。

オーガニック野菜と無農薬野菜。この2つの大きな違いは「土に化学肥料が残っているかどうか」にあります。

オーガニック野菜は先述の通り、完全に無農薬というわけではなく、最短でも2年間は化学肥料を使っていない土で栽培されています。

反面、無農薬野菜は栽培期間中に農薬を使用していなければOK。そのため、前年度に農薬を使用していたとしても「無農薬」と名乗ることができます。

また、オーガニック野菜は農林水産省の認可を得る必要がありますが、無農薬野菜は第三者の認可がなくとも表記することが可能、というのも2つの違いであると言えるでしょう。

オーガニック野菜=無農薬ではないが、農薬=危険ではない

オーガニック野菜は完全無農薬ではない、と聞いて驚いた人もいるかもしれません。しかし、だからといって危険と判断するのは早いでしょう。
農薬を使って作られた野菜でも安全基準は満たされており、非常に厳しい基準をクリアしています。そのため、「農薬=危険」と一括りにしてしまうのは、ちょっと考え過ぎかもしれませんね。

食べ物の知識を身につけることは、健康や美容においても重要なこと。正しい情報を得て、生活に取り入れていきたいですね。