スーパーなどでよく見かける「オーガニック」という言葉。なんとなく「農薬を使ってない健康的な野菜」のことだと思っている方もいるのではないでしょうか。
今回はオーガニック野菜について、どんな野菜のことなのか紹介していきます。スーパーなどでオーガニック野菜を見かけたらぜひ手にとってみてください!

農薬を抑えて育てるオーガニック野菜

オーガニック野菜と並んでよく目にする言葉に「有機野菜」がありますが、基本的に「オーガニック」と「有機」は同じ意味だと考えていただいて問題ありません。有機は無機の反対語で、生命力を持つことを意味します。

オーガニック野菜は、化学肥料に頼らず家畜の糞など有機物を肥料に使って育てた野菜のことです。
化学肥料や遺伝子組み換え食品などに健康的問題が叫ばれる中で、化学肥料などを使わないオーガニック野菜は通常栽培の野菜に比べて安全であり、注目を集めています。
明確なデータはありませんが、通常栽培に比べて農薬を使わない分、野菜自身が身を守るために抗
酸化物質を多く作るため、栄養価も高いと言われています。

日本では農林水産省が「有機JAS規格」で定義

日本は欧米諸国に比べてオーガニック野菜の基準ができるのが遅く、一時は食品メーカーなどが自分たちの自己判断で「オーガニック」と名乗れるいい加減なものでした。そのため、消費者にとっては「なんとなく身体によさそう」と思って選んでいた方もいるかもしれません。

そこで2001年に日本農林規格(JAS)が改定され、農林水産省が認めた第三者機関の認証を受けなければ「有機」や「オーガニック」とは名乗れなくなりました。もし認証を受けていない食品に有機やオーガニック、それに紛らわしい表示をすると懲役1年、もしくは100万円以下の罰金が課せられます。
ーー(参考)有機食品の検査認証制度

有機農産物と認証されるまでにはさまざまな基準をクリアしなければなりませんが、大きく定義すると下記のことがいえます。

  • 種まきの2年前からたい肥などで土づくりを行っている
  • 遺伝子技術が使われていない
  • 禁止された農薬や化学肥料が使われていない

ーー(参考) 農林水産省ホームページ

オーガニックは無農薬というわけではない

オーガニック野菜は無農薬野菜というわけではありません。オーガニックとは「科学的に作られた肥料や農薬を避ける」ことなので、「農薬を使わない」ことではないのです。つまり、農薬の中には有機のものもあれば、化学的に作られたものもあるため、天然由来の農薬であればそれを使ってもオーガニック野菜なのです。

そもそも現在「無農薬」という表記は農林水産省に禁止されています。化学肥料による健康被害が叫ばれた時に、「無農薬野菜」はもてはやされましたが、実際は残留農薬が検出されたり、虚偽の表記をする業者が現れたためです。

ちなみに本当に無農薬で野菜を育てた場合、害虫によって病原菌が移されるなど、人にもデメリットがあるのです。市場で見かけることはないと思いますが、万が一見かけたとしても騙されないようにしましょう。

イメージだけで商品を選ばないことが大事

オーガニックや有機野菜と聞くと、それだけで健康にいい気がして満足してしまう方もいるかもしれません。しかし、オーガニックの基準があったことも、途中から作られたことも知らずにオーガニック野菜を買っていた方もいることでしょう。

業者からすれば、いかに消費者に選んでもらうか必死に考えて工夫をこらしているのです。イメージだけで商品を選んでいると、健康によかれと思って食べていたもので健康を害する可能性も十分に考えられるのです。

イメージや言葉の響きだけでなく、自分が口にするものに対し、1消費者として責任を持って商品を選べるよう知識を身に着けていきましょう。