ワインが好きな方なら一度は耳にしたことのあるオーガニックワイン。なんとなく身体によさそうな響きですが、本当においしいのか、普通のワインとどうちがうのか不思議に思っている方もいるでしょう。

今回はオーガニックワインとはどのようなワインなのか、どのようなメリットがあるのか紹介します。オーガニックワインに興味のある方はぜひ参考にしてください。

オーガニックワインとは?

オーガニックワインとは

オーガニックワインとは、オーガニック栽培で育てられたブドウを使って作られたワインです。オーガニック栽培とは、化学肥料や農薬、除草剤などを使わずに育てたワインのことです。もちろん遺伝子操作もしていません。

オーガニックワインに使われているブドウは、どのような肥料が使われたのかもしっかり記録されているため、誰がどのように作ったのかまで分かるのです。口に入れるものに気を遣いたい現代人にとってはとても大切なポイントです。

またブドウだけでなく、ワインの醸造過程でも、EUが定める規定を守らなければオーガニックワインとは認められません。通常のワインでは醸造過程で化学物質が使われたり、工業的生産方法が用いられる場合がありますが、それらが定められた規定内のものだけがオーガニックワインと認められるのです。

オーガニックワインの魅力

安心して口にできるオーガニックワインですが、どのようなメリットがあるのか紹介していきましょう。

個性がしっかり出る

通常のワインでは香料などをつかって風味などを補正している場合もありますが、オーガニックワインでは畑や作り手の個性がそのまま出ます。そのため、大量生産にはない個性を楽しめるのもオーガニックワインの魅力です。

料理と一緒に楽しめる

ワインは通常料理と楽しむものですが、添加物の入ったワインでは雑味も出るため、料理の味にも影響が出る可能性があります。しかし無添加のオーガニックワインでは、料理の味を引き立てることはあっても、決して料理の邪魔をしないので、十分に料理も楽しめるのです。

環境にいい

オーガニックワインは化学肥料や農薬などを使わず、生態系にダメージを与えずに作られているので自然に優しいのです。もちろん生産者たちの健康にもいいため、あなたの口に入るまでにさまざまな人たちに貢献しています。それを考えながら飲むと一層美味しく感じるかもしれませんね。

身体に残りにくい

お酒を飲めば二日酔いなどになりますが、必ずしもアルコールのせいだけではありません。不純物が多いお酒ほど体に残りやすく、頭痛などを引き延ばします。オーガニックワインは添加物などが必要最低限しか入っていないため、身体にも残りにくく飲んだ後も二日酔いになりづらいのが特徴です。

オーガニックワインの魅力

オーガニックのデメリット

さまざまなメリットのあるオーガニックワインですが、メリットだけでなくデメリットも存在します。

生産コストが高いため、市場価格も高い

オーガニックワインを作るには、普通のワインを作るよりも手間がかかっており、生産コストがどうしても高くなってしまいます。保存料なども抑えられているため、デリケートで保管や輸送も注意が必要です。

そのため私たちの手に届くころのにはさまざまなコストが重なって、高い値段で売られているのです。

ぶどうのできがそのまま味に出る

ぶどうの味がストレートにワインの味に影響するオーガニックワインは、できが悪いときも香料などでごまかせません。いつも同じ味ではないのは、魅力でありながら諸刃の剣でもあるのです。

オーガニックワインを身近に

価格が少し高く、手に入りづらいオーガニックワインですが、一般のワインには楽しみ方ができます。特別な時間をすごす時には、ぜひオーガニックワインを使ってみてはいかがでしょうか。