オーガニック野菜はどこでも手に入るわけではないので、帰るときに大量に買ったり、送料を抑えようと宅配サービスでまとめ買いしている人は居ないでしょうか。
せっかく買ったからと無理やり調理するのは本末転倒ですし、傷んでしまうとせっかくのオーガニック野菜が台無しです。

今回は野菜を保存する上で覚えておきたいポイントをまとめました。ちょっとした工夫で野菜の寿命が全然変わるので試してみてください。

冷蔵庫に入れる?入れない?

野菜をなんでも冷蔵庫で保存している人もいるかもしれませんが、実は野菜によって入れるべき野菜とそうじゃない野菜があるのです。温かい地域で育てられる野菜は、寒い環境に弱いため冷蔵障害というものを起こします。

なす、きゅうり、ピーマン、じゃがいも、かぼちゃなどの最適な保存温度は10~14℃、つまり室温保存でいいのです。ただしカットしてしまった場合は別です。野菜はカットすると、切り口から「エチレン」という植物を老化させるホルモンを出します。周りの野菜にも影響を与えるので、ラップで包むかポリ袋にいれて冷蔵庫にいれましょう。

野菜を冷蔵庫で保存

冷蔵庫で冷やすと傷みづらいのはこのエチレンの発生が抑えられるからです。エチレンは野菜の呼吸とともに発生されますが、冷蔵保存して野菜の呼吸を少なくすると、自然とエチレンの発生が少なくなるのです。

ラップにつつむ・ポリ袋に入れる

先述したように野菜は切り口からエチレンというホルモンを放出し、それが原因で傷みやすくなります。ほとんどの野菜が莖などから切り離されているため、切り口をもっているため、ラップかポリ袋で密閉しましょう。

またトマトやきゅうりなど、水分の多い野菜は乾燥が苦手です。ラップやポリ袋で包むことにより、水分の蒸発を避けられます。ひと手間かかりますが鮮度の持ちが違うので、すぐ食べる野菜以外は手間をかけてみてください。

芯を採る

キャベツやレタスは実は芯に一番水分を必要としており、傷むのも芯からです。そのため買った時点で芯を取り除いてしまいましょう。取り除いた部分に濡らしたペーパータオルを入れておくとより効果的です。

白菜も芯から取り除く、もしくは芯に切れ目をいれておくと、成長を止められて傷むのを先のばしにできます。これだけでも随分痛むまでの時間が違うので、面倒ですがひと手間加えてみてください。

レタス

根と葉を切り落とす

大根やニンジンの場合、葉がついた状態で送られてくる場合もありますが、すぐに葉と根は切り分けてください。野菜は収穫したあとも生きていて成長を続けています。葉と根がくっついた状態だと、そのまま葉が根から栄養や水分を吸い取ってしまいます。そのままにしているとすぐに根の部分がスカスカになって味も落ちるので、葉は切り分けて別々に保存しましょう。

吊るす

野菜はどれも感想が苦手だと思っている人もいるかもしれませんが、実はにんにくや玉ねぎは湿気が苦手で出荷前に関そうされているのです。そのため、かごなどに入れて直射日光の当たらない、風通しのいいところに吊るして保存しておくのが正しいやり方です。

天日干し

野菜を買いすぎて冷蔵庫に入らない場合は天日干しという手もおすすめです。かさが減ってスペースをとりませんし、味が凝縮されて甘味が増します。薄切りに朝干して夕方くらいに取れこめばちょうどいい感じに干せています。

干した後はポリ袋に入れるなど、生の場合と同じように保存できますし、調理にも同じように使えます。切った状態で保存できるので、忙しい時でも切る手間が省けてスムーズに料理ができます。

オーガニック野菜も傷む

新鮮でシャキシャキのオーガニック野菜を買っている人は、通常の野菜よりも傷みにくいと思っている人もいますが、それは間違いです。むしろオーガニック野菜は長持ちするための薬が使われていない分、通常の野菜よりも傷み安い場合もあります。もしオーガニック野菜にこだわっている方は、せっかく買ったオーガニック野菜が傷まないようしっかり野菜にあった保存方法を試してください。