煮物などにすると柔らかくてとても美味しいカブ。白いカブが一般的ですが、近年では赤色をしたものや長細い形のものまで、様々な品種が生産されています。

そんなカブは、実は葉に栄養がたっぷり詰まっているんです。ここではカブの栄養素やその効果、簡単にできるカブのおすすめレシピを紹介します。

カブってどんな野菜?

カブ
カブはアブラナ科の野菜で、ブロッコリーやキャベツなどと同じ仲間です。日本では千葉や埼玉、青森などで多く生産されています。

通年出回っていますが、旬は3〜5月、10〜12月ごろ。特に冬の時期は甘みが増してとても美味しいです。

最近では白いカブの他に、赤カブや小カブなど様々な品種が生産されており、煮物だけでなくサラダや酢漬けなど、調理法も色々とアレンジして楽しむことができます。

カブに含まれる栄養素

カブ
カブは、根の部分は淡色野菜、葉の部分は緑黄色野菜なので、それぞれ栄養価も異なります。

カブの根の部分には、ビタミンなどの栄養素は少ないですがジアスターゼ(アミラーゼ)という消化酵素が含まれています。

反面、葉の部分にはβカロテンやビタミンB1、B2、ビタミンC、カルシウム、食物繊維など様々な栄養素がが豊富に含まれています。特にビタミンCは、栄養価の高いケールやモロヘイヤ以上の含有量。

このとおり、カブは根の部分より葉の部分の方が栄養価が高いんです。葉の部分を捨ててしまってはもったいないですね。

カブの栄養素から期待できる効果

カブ

抗酸化作用

カブの葉には、抗酸化ビタミンと呼ばれているビタミンCとβカロテンが含まれています。活性酸素を取り除き、体内の老化を防止する抗酸化作用があるんです。

肌荒れ予防、美肌効果

葉に多く含まれているビタミンCやビタミンB1、B2の働きによって、メラニン色素の生成を防いでシミやソバカスを予防したり、皮膚の粘膜を強化して肌荒れを防止する効果が期待できます。

便秘解消

食物繊維の働きにより腸壁を刺激するほか、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やし、有害物質を生み出す悪玉菌の増殖を防ぐ作用もあります。便秘解消やデトックスにつながりますね。

胃もたれ、胸焼け予防

でんぷん消化酵素であるジアスターゼがでんぷんの消化を助けて胃腸の調子を整え、暴飲暴食による胃のもたれや胸焼けを緩和してくれる作用も。胃炎や胃潰瘍の予防にもなるかもしれません。

しかし、ジアスターゼは加熱するとこれらの作用が失われてしまうので、効果を最大限に引き出すには生で食べると良いですよ。

カブを使った簡単レシピ

生でも美味しいカブの食べ方と、栄養価が豊富な葉を使ったレシピをご紹介します。

カブとニンジンのピクルス

カブ
材料
カブ…5個
ニンジン…1本(小)
塩…少々
<ピクルス液>
すし酢…1カップ
水…1/2カップ
唐辛子(種を抜く)…1本
好みのスパイス…少々

作り方
①カブは葉を落としよく洗ってくし形に切る。ニンジンは皮を剥き半月切りにしておく。
②①をボウルに入れ、塩を振ってしばらく置く。
③鍋にピクルス液を入れ一煮立ちさせたら火を止めて冷ましておく。
④②の水気を切ったら清潔な瓶に入れて③を静かにそそぎ入れる。

カブの葉としらすの和風炒め

材料
カブの葉…150g
しらす…20g
いりごま(白)…20g
ごま油…大さじ1
醤油…小さじ1

作り方
①カブの葉を5ミリ程度に細かく切っていく。
②ごま油をフライパンにしき、カブの葉としらすを炒める。
③醤油といりごまを加えてさらに炒める。

オーガニック野菜でもっと美味しく食べよう

オーガニックで育てられたカブは、少々土臭いような風味を感じるかもしれません。

しかしカブ本来の風味と甘みがぎゅっと濃縮されているので、生で食べてもとても美味しいですよ。栄養素を摂取するために、ぜひ葉も一緒に調理してみてくださいね。