ルッコラはイタリアを中心とした地中海を原産としています。海外ではサラダや料理の付け合わせ野菜として人気です。低カロリーで栄養がたっぷり含まれているため、カロリーが気になる方にもおすすめの野菜です。そんなルッコラについて、栄養素や効果、美味しく食べるコツなどをご紹介します。

ルッコラとは?

ルッコラは地中海沿岸地方原産のハーブ野菜で、タンポポの葉っぱに似た、丸みのある形が特徴です。ルッコラの他、ルーコラ、ロケットなどの名前で呼ばれ、主にイタリアやフランスでは定番の葉野菜として食べられてきました。

日本での歴史は浅く、イタリア料理の普及と共に広く知られるようになった野菜です。現在ではオーガニックのルッコラも多く流通しており、オーガニックの中では比較的手に入りやすい野菜となっています。

ルッコラはゴマのような香りと若干の辛み、苦みがあります。サラダなどに使用されることが多い野菜ですが、ルッコラの香り・苦み・辛みは肉料理との相性も抜群!生ハムサラダにしたり、肉と一緒にサンドイッチに挟んで食べるのおすすめです。

ルッコラの栄養素

ルッコラ2

ルッコラは豊富なカロテンやビタミンC、Eが含まれるほか、カルシウムはピーマンの約30倍、鉄分はモロヘイヤと同等量が含まれています。

また、免疫予防や疲労回復などの効果が期待できるミネラルが豊富なため、疲れて体調が良くないときや、風邪をひきそうなときなどにぜひ、ルッコラを食べてみてください。

ルッコラの辛み成分で胃腸を元気に

ルッコラの辛み成分、「アリルイソチオシアネート」は胃液の分泌を促したり、腸を整える働きがあり、消化不良の改善や胃を健康に保つ効果が期待できます。また、血液をサラサラにして血栓を予防する効果も期待できます。

「胃が弱い」「胃の調子が悪い」というときや、血液をサラサラにしたいときにおすすめです。

肌を健康に保つ美肌効果も!

アリルイソチオシアネートには、肌を若々しく保つために必要な抗酸化作用も期待できます。さらに、ルッコラにはビタミンCも含まれているため、肌に良いとされる抗酸化作用とビタミンCのダブルの働きで、美肌効果も期待できます。

ルッコラを美味しく食べるコツ

ルッコラ3

ルッコラはサラダにして生食をするのがポピュラーな食べ方ですが、調理をすると苦みや辛みを抑えることができます。

加熱でルッコラのクセを和らげる

ルッコラは独特の辛みや苦みがあるため、苦手に感じる方もいるかもしれません。そんな場合は、ルッコラを加熱調理しましょう。加熱の際はオリーブオイルの使用がおすすめです。

オリーブオイルは野菜の持つ栄養素の吸収を助ける働きがあるため、加熱でルッコラの味をマイルドにするだけでなく、栄養効果を高めることもできます。

ルッコラの味が苦手な方はぜひ試してみてください。

刻んで料理に入れるのもおすすめ

ルッコラは料理のスパイスや彩りとしても使用できます。例えば、フードプロセッサーに入れて細かく刻んだら、バジルの変わりにパスタに絡めたり、ソテーのソースとして使用するのもおすすめです。

そのほか、細かくカットしてごはんに混ぜるだけでも彩りよく美味しく食べられます。ダイエット中のごはんのかさましにもピッタリです。

この際も、苦みや辛みが苦手な人はオリーブオイルで軽く炒めてから使いましょう。

栄養素たっぷりのルッコラでサラダ・料理を楽しもう!

ルッコラ4

ルッコラはサラダにしたり、料理に使っても美味しい野菜です。栄養素がたくさん含まれているため、体調を整え、体を健康に保ちたい方は積極的に摂取しましょう。

オーガニックのルッコラは、味わい深い一方で少し味のクセが強い場合があるため、ルッコラの味が苦手な方は加熱調理がおすすめです。ひと手間でマイルドな味わいになりますよ。加熱の際はオリーブオイルを使うことをお忘れなく!

【参考】
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/rucola/
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/rucola3.htm