ブルーベリーなどに多く含まれるアントシアニン。目の疲れに効くイメージを持っている人もいる方もしれませんが、アントシアニンは目に良いだけではありません。

今回はアントシアニンとはどんな栄養素で、どんな効能があるのか、そして効果的に摂取するにはどうすればいいのかご紹介します。最近の目の疲れが気になっている方はぜひ参考にしてください。

アントシアニンとは?

アントシアニン

アントシアニンはポリフェノールの一種です。ブルーベリーをはじめ、なすや紫いもといった色の濃い野菜に含まれていますが、それは紫外線やウイルスから野菜や果物を守るためです。人が紫外線に浴びるとメラニンを分泌して黒くなるのと似ています。

アントシアニンはさまざまな種類が存在しており、これまで500種類以上のアントシアニンが発見されています。アントシアニンの鮮やかな色は、安全性の高さからさまざまな加工食品の着色料としても使われているのです。

アントシアニンの働き

それではアントシアニンを摂取した場合のメリットについて見ていきましょう。

目の疲れに効く

アントシアニンを含んだブルーベリーが目にいいという話を聞いたことがある人は多いでしょう。ではなぜアントシアニンは目にいいのでしょうか。それはロドプシンという目の中の物質に関係しています。

我々が景色を認識するのは光の情報を目を通して脳に送っているからです。このロドプシンは、目の中で光を受け取ると分解し、また再合成するという一連の流れを繰り返しているのです。
しかし、長時間目を酷使していると、このロドプシンの再合成が遅れてしまい、目の疲れに繋がるのです。

アントシアニンはロドプシンの再合成を促すことで、目の疲れや癒し、視力の回復を助けています。夜間での視力回復にも効果があるので、鳥目の方も積極的に摂取するといいでしょう。

眼病の対策

アントシアニンは目の疲れを取るだけでなく、目の病気の対策にも使用されることがあります。
目の病気の多くは、目から入る紫外線やストレスが原因で、視神経や目の一部が参加してしまうのが原因だと考えられています。
アントシアニンの高い抗酸化力は、この酸化を抑えてくれるので目の病気の予防になるのです。

肥満の対策

目にいいイメージの強いアントシアニンですが、その効能は目だけに留まりません。実は内臓脂肪の蓄積を抑える効果もあるため、メタボや血圧上昇の対策にも注目されています。
内臓脂肪型の肥満は様々な病気の原因となるため、内臓脂肪を溜めないことはとても重要です。

花粉症の予防

花粉など身体に害のあるものが体内に侵入すると、人はそれらを身体の外に排出しようと働きます。その時に分泌される「ヒスタミン」という物質が、花粉症の症状であるくしゃみや鼻水といった症状を引き起こしているのです。アントシアニンはこのヒスタミンを減少させる効果があるため、花粉症の予防や症状を抑えるのに効果的です。

アントシアニンを摂るならやっぱりブルーベリー

アントシアニンを効果的に摂取するならやはりブルーベリーがおすすめです。他にもナスや黒豆、紫キャベツなど色の濃い野菜や果物に多く含まれている傾向があります。アントシアニンは皮や種に多く含まれているため、食べる時は捨てないようにしましょう。また最近日本でも有名なスーパーフード・アサイーベリーは、ブルーベリーの5倍のアントシアニンが含まれています。

アントシアニンを効果的に摂取するには皮ごと食べた方がいいので、オーガニックのもの選ぶのがおすすめです。