1948年創業のアメリカ生まれ全米売り上げナンバー1、オールインワンのナチュラルソープ!
ヘルスコンシャス&エコなニューヨーカーたちも長年愛してやまない天然由来成分100%のオーガニックソープメーカDR.BRONNER’S(ドクターブロナー)とは?
ニューヨーク在住13年主婦の家庭での使い方を紹介します。

DR.BRONNER’S(ドクターブロナー)とは

長年世界中にたくさんの愛用者から支持され続けるDR.BRONNER’S(ドクターブロナー)
最近では日本でも購入できる場所が増えてきています。
使ったことがない人でもこのパッケージは見覚えがある方は多いのではないでしょうか?
実はこのDR.BRONNER’S(ドクターブロナー)の石鹸にはリキッドタイプと固形石鹸(Bar Soap)の2種類が存在します。
このリキッドタイプはPure-Castile Liquid Soapと言われ、英語ではConcentrated(濃縮タイプ。薄めて使う。)と呼ばれるタイプのリキッドソープです。

ここアメリカでは、リキッドとBar soapのどちらも次の10種類の香りが楽しめます。

  • Almond (緑)
  • Baby Unsented (水色)
  • Citrus (黄色)
  • Eucalyptus (ブラウン)
  • Lavender (パープル)
  • Peppermint (青)
  • Rose (濃いピンク)
  • Tea Tree (オレンジ色)
  • Cherry Blossom (薄いピンク)
  • Green Tea (黄緑色)

全てのソープの原材料が自然なものでできているのでそれぞれのタイプの特徴を生かして用途を使い分ける事が可能です。
今回は筆者の私自身もここニューヨークでの長年愛用し続けているこのDR.BRONNER’S(ドクターブロナー)を詳しく紹介していきます。

1.長年に渡る徹底的なこだわりとDR.BRONNER’S(ドクターブロナー)社の歴史。

ここアメリカ・ニューヨーカーからこよなく愛されているDR.BRONNER’S(ドクターブロナー)。
アメリカのスーパーやドラッグストアには必ずといっていいほど、このソープを見つけることができます。
何とこのソープは1948年に創設者のエマニュエルブローナーが製造を開始して、ずっとここアメリカ市場で発売されているカスティールソープ(100%食物由来の石鹸)なのです。
原材料はすべてオーガニックのオリーブオイル、ココナッツオイル、ヘンプオイル、ホホバオイル。合成界面活性剤、合成保存料、着色料は一切不使用です。

筆者の私がこのDR.BRONNER’S(ドクターブロナー)を知ったきっかけは, 2010年にNetflixで”Dr. Bronner’s Magic Soapbox”というドキュメンタリー映画を観たのがきっかけでした。

ーーDr. Bronner’s Magic Soapbox
https://www.youtube.com/watch?v=YQumvXzLOvg

この映画の中でも紹介されているのですが、創設者エマニュエルブローナーは石鹸作りを通して『ALL ONE』という言葉に熱烈なパッションを持っていました。
なぜ、『ALL ONE』という言葉に情熱を持っていたのか。それは、エマニュエルブロナーのドイツで生まれたユダヤ人だというバックグラウンドと第二次世界大戦が関係しています。戦時中、彼自身は単独でアメリカに渡り、戦争で命を落とすことはなかったのですが、両親を収容所で亡くしたというとても悲惨な経験をしています。
彼は石鹸作りの才能を若い頃から開花させ、その悲惨な経験から世界の平和、宗教、人種の差別のない世界、人類と自然や宇宙までもが全て1つにつながっているといった内容のスピーチを熱烈に連呼しながら、石鹸を売り始めたのです。

彼の情熱のこもったメッセージを全てタイプさせて印刷したのが、このソープのパッケージの誕生です。

そういった彼の少々常識はずれな活動によって、1960年代からアメリカのヒッピーたちや平和活動家たちからソープのエコロジカルな品質と彼の思想が支持され始め、アメリカ全土に広がり、時代を象徴するソープになったのです。
このソープの面白いストーリーは、広告やPRに当時は一切お金や時間をかけず、品質向上のみを目指していたのにもかかわらず、アメリカ全土に広がったということです。

1997年にエマニュエルは亡くなりましたが、その後もご子息のラルフ&ジムブローナー、その後はお孫さんのデイビット&マイケルブローナーが、この会社とオールワンの信念を受け継いでいます。

Bar Soapのパッケージを開けると”ALL-ONE”のメッセージが!

彼らのファミリービジネスもまたとても革新的です。
2000年以降、マジックソープのボトルを100%リサイクルプラスチックで作り始めます。
出典:http://www.drbronner.jp/products/magicsoaps-001.html

また、管理職のお給料を工場で働く最低賃金領導者の5倍までに抑え、全ての従業員に医療保険や福利厚生に当てました。
日本では当たり前に聞こえるかもしれませんが、ここアメリカでは医療保険や福利厚生を企業が従業員全員にサポートするということはとても稀です。
さらに、会社運営に必要のない利益は、すべてチャリティーに寄付することも決めているのです。

ここニューヨークでも消費者がとても敏感なフェアトレードも2006年に開始しています。
カスティールソープの原料となるオリーブオイルの原材料を、フェアトレードのものに厳選して調達しています。
他にもNot Animal Tested(動物実験は一切行わないこと)も実施。
ここ数年ではソープ生産を大規模工場に移しましたが生産、廃棄、消費によって発生する廃棄物をゼロにする計画も掲げています。

2. 公式での使い道は何と18通り!ニューヨーク在住13年の主婦の家庭での使い方

まず、私がこの使い方を紹介する前に日本の皆さんに知ってもらいたいのが、このリキッドソープは用途に合わせて5倍から7倍の水で薄めて使うということです!(特に直接肌に使う場合。)
私は今までこのソープを顔にも髪にも体にも長年愛用していると、知人や友人に言うと、
『私はこのソープは強すぎて合わない。』
『ピリピリしたり肌がパリパリになる。』
と沢山の人から答えが返ってくるのでおかしいな??と思って聞いてみると、原液のまま使っていたという答えがとても多かったんです。

このソープの公式の使い方18通りと筆者である我が家での使い方に合わせて、水での薄め方や活用ポイントをご紹介したいと思います。

1.)ボディソープ
私はボディーソープは固形石鹸の方を使っています。ただ単に固形石鹸の泡立ちが好きという理由です。

バスルームにポンプ付きのボトルに5倍の水で薄めたリキッドソープも常備しています。
これでも十分に体は綺麗になりますが、リキッドソープの場合、体洗い用のタオルに原液を1,2滴垂らして使うのもいいです。

洗い上がりはとっても気持ちがいいですし、ペパーミントで夏場体を洗うとスースーしてとっても気持ちがいいです。

2.)洗顔
メイクを落とした後、水で薄めたリキッドソープでそのまま洗顔します。

私はもう7年以上お化粧をしていないので、いつもそのまま固形のソープで洗顔をしますが、部分的なアイメイクだけしていた時は、食用のオリーブオイルでアイメイクだけ落とした後にこのソープで洗顔をしていました。

女性のお顔にも刺激が少ないベビー用石鹸がおすすめです。

小鼻の毛穴の汚れもスッキリ洗い落とせますよ!

3.)シャンプー
私は固形のバーソープで洗髪した後、アップルサイダービネガーをタライに少し垂らして、お湯で薄めたものでリンスします。そして髪をささーっと洗い流すと、サラサラな仕上がりになります。

リキッドソープの場合は、水とソープを1:1の割合で混ぜるといいです。

私は市販のシャンプーとコンディショナーの利用を7年前からやめてしまいました。
当時、渡米し環境の変化もあってか、顔も体も全身の肌がものすごく荒れてしまって、どうしようもない状態に陥ってしまいました。肌全体が常に痒く、赤く腫れてしまったのです。
そして、市販のシャンプーと基礎化粧、メイクアップをやめてオーガニックソープでの洗顔、洗髪に換え、ビネーガーでのリンス、ココナッツオイルやワセリンで髪も唇を含めた肌も保湿するようにしました。
そうすると肌の荒れや痒み、乾燥の全てが改善されました。
一度シャンプーをやめて数週間後に余っているボトルの市販のシャンプーを使ってしまおうと思って、再度利用した瞬間に、背中全体にピリピリした痒みを感じてすぐに利用を辞めたのが最後です。
私には難しいことはよくわかりませんが、市販のシャンプーには一体何が入ってるんだろうか?と驚いたほどです。

オーガニックソープで洗髪すると髪がパサパサになるという声をよく聞きますが、是非洗髪後にビネガーを使ったリンスをお勧めします。サラサラになりますよ!

4.)Bathing
アメリカの映画やドラマで見かける泡のお風呂にも使えるそうです。
バスタブにリキッドソープを原液のまま入れるそう。
私自身はモコモコ風呂にあまり興味がないのでやったことはありませんが。

5.)シェービング
私の旦那は髭を剃るときに、固形石鹸を使ってシェービングしてます。
リキッドの場合も同じように泡立ててシェービングできるそうです。

旦那もかなりの敏感肌の持ち主ですが、シェービングの剃刀負けは今まで一度もないです。

6.)歯磨き&マウスウォッシュ
初めて口の中に入れたときに石鹸の味がしてとても違和感を感じました。
最初に試したのはペパーミントの固形石鹸に歯ブラシを少し擦って磨いたのですが、泡立ちもものすごくいいし、歯磨きをして口をゆすいだ後にびっくりするほど歯がキュッキュします。
それ以降、私はずっとこのDR.BRONNER’S(ドクターブロナー)の石鹸と重曹を使って歯磨きを長年しています。
石鹸の不味さも慣れれば平気になっていき、逆に市販の歯磨き粉をたまに使うと変な糖分の味や薬品の味に敏感になりました。
石鹸味は不味いけど、石鹸自体に有害なものは市販の歯磨き粉より入っていないので安心です。
ペパーミント、ティーツリー、ユーカリはマウスウォッシュとして口臭に役立ちます。

7.)Foot Bath
ラベンダーやローズを使うと良い匂いがしてリラックスもできます。
ニューヨークの冬は長くて寒いので、
足湯で体の中から温まります。

8.)スチームを吸い込む。
私は大きめのマグカップにお湯を入れてペパーミントやティーツリー、ユーカリなどのソープを垂らして、喉が痛い時や鼻づまりっぽいときにスチームを吸い込みます。
これで随分鼻づまりや喉の痛みが改善されます。

9.)食器洗い
うちにはキッチンにもポンプのボトルを設置していて、原液ソープ1:水3~4の割合でお皿を洗っています。
重曹を使うと泡立ちもパワーアップして、少量のソープの量でも油もしっかりきれい落とせますす。
そのままシンクの中もガスコンロもきれいになり本当にオールワンです。

10.)野菜やフルーツの洗浄。
食卓の野菜や果物を全て完全に無農薬で揃えるのは難しい時代です。
1歳の息子も口にするリンゴなんかも少しポンプに入れておいたソープを、ボールの水に入れて漬けておきます。
1~2分したら水で洗い流します。
外についている農薬や防腐剤が洗い流せるし、ソープ自体が全て自然なものでできているので安心です。

11.)衣類の洗濯
赤ん坊がいて家族3人プラス犬と猫がいる我が家では洗濯物の量も大量です。
DR.BRONNER’S(ドクターブロナー)ソープを使うととても綺麗になりますが、とても贅沢品なので洗濯機用の洗剤はDR.BRONNER’S(ドクターブロナー)ソープは我が家では利用していません。
ですが、1歳の息子に使っているコットンのおしりふきやスタイ、汚れを拭く小さなタオル、家の掃除に使う雑巾なんかをポンプに入れてあるリキッドソープで手洗いしています。
手荒れもないですし、とてもきれいになります。

12.)床の掃除
うちの床の拭き掃除には、コップに水を入れてポンプに入れた(5倍ほどに希釈したもの)リキッドソープを5プッシュくらい入れて床に豪快に撒いてそのまま床を拭きます。
ティーツリーオイルやユーカリ、ペパーミントを使えば、殺菌、抗菌の作用もあるのでとても助かります。

13.)床以外の拭き掃除
水とリキッドソープを1:7くらいの割合で空のスプレーボトルに入れておくと棚や窓ガラスもきれいにできます。

14.)トイレ掃除
これもスプレーボトルに13で紹介したものと同様のものに、我が家では重曹をお湯で少し溶かして混ぜてトイレ掃除してます。
我が家では同様のスプレーでバスタブ、洗面所、baby bathも綺麗にしています。

15.)ペットのシャンプー
我が家の犬もこのソープで普通に体を洗います。
お散歩後の足を洗うのも、バスルームにあるポンプに入った2倍の水で薄めたリキッドソープで毎日利用しています。
猫はベビー用の石鹸で洗います。
猫にはティーツリーやペパーミントやユーカリは有毒になってしまうので気を付けましょう。

16.)植物の虫除けスプレー
我が家では試したことがありませんが、
水で薄めたスプレーで夏場の虫の駆除にもなるそうです。
植物ではないですが、夏場網戸にペパーミントやティーツリーオイルのスプレーを吹きかけると、蚊や虫が寄り付きません。

17.)アリ退治
ティーツリーのリキッドソープを水で薄めたスプレーで、ありの虫除けスプレーになります。

18.)BABY WASH
濡れた布に1~2滴に垂らしてもいいし、BABY BATHのお湯に何滴か垂らしてそのまま赤ちゃんを洗えます。
BABY MILDが無臭でとてもオススメです。我が家では1歳の息子にも使ってます。baby soapと言っても大人の体にも使えるし、敏感肌の人や乾燥のすごいニューヨークの冬場の季節にはとても重宝します。

世界中にファンを持つこのオールワンソープですが人それぞれお気に入りの利用法があるみたいなので、皆さんも自分が一番いいと思った量や用途で使ってみてください。
我が家は体・髪は固形石鹸を、それ以外はリキッドタイプという風に使い分けています。
あと、大切なことは1度水に薄めたソープはなるべく早く使い切りましょう。自然なものでできているのでソープが腐ってしまうそうです。

3.ニューヨークでもブームのゼロウェスト活動家たちがこのソープを推進!

ここ最近ニューヨークでは、特にミレニアルズ(1980~2000年初期に生まれた世代のこと)から支持を得ている ライフスタイルでゼロウェストというものがあり、そういったライフスタイルを送る人たちが、Dr. Bronnerのソープを大絶賛しています。ゼロウェイストとは、
無駄な消費をやめて生活の中から出るゴミや廃棄物をなくして行こうというライフスタイルです。
日本ではなかなか耳にすることのないライフスタイルかと思います。便利や時短だからといって大量に使い捨てのプラスチックの袋、ラップ、包装のパッケージといった自然に戻らないゴミを大量に出し続けるライフスタイルはこの地球上では持続不可能なのです。
このゼロウェスト旋風は西海岸のカリフォルニアからここ何年かで、ニューヨークでも浸透しつつあります。

YouTubeなどでもゼロウェストをしている若者たちがこのDR.BRONNER’S(ドクターブロナー) ソープを使ってオリジナルのスプレーを作って紹介していたり、お家の掃除洗剤の作り方やスキンケアの独自のメソッドを紹介していたりします。

ーーZero Waste, Green, and Eco-Friendly Household Cleaners
https://www.youtube.com/watch?v=z2YbUB4kTMY

ーーZERO WASTE: BEGINNER TIPS
https://www.youtube.com/watch?v=1ohUZue08Uc

ーーZERO WASTE MINIMALIST BATHROOM ESSENTIALS | Home Made + Shop Bought
https://www.youtube.com/watch?v=maJpYG1yv-Y

次の動画は重曹、BoraxとDR.BRONNER’S(ドクターブロナー)の固形石鹸を使った洗濯用洗剤のレシピ。
https://www.youtube.com/watch?v=56cItgX636k

やはりこのDr.Bronner’s ソープは18通りも用途があるので、わざわざ目的や場所別でたくさんの洗剤や石鹸を買い揃える必要がなく、ゼロウェイストに極力近いライフスタイルが送れるということで支持されているのも納得です。1960年代のベトナム戦争を機に平和主義の思想を持った若者のヒッピーたちの力でこのソープはアメリカ全土に広まり、今もなお、サンフランシスコやニューヨークといった大都市のミレニアムズにも愛され続けるドクターブローナーズソープ。

定価は日本よりここアメリカの方がお安いですが、ホールフーズやローカルのオーガニックスーパーではよくセールになっていてその時はもっと安く買えます。

固形石鹸は毎日、体や髪(私は週に1度しか石鹸で髪を洗いません。それ以外はお湯で洗っています。)顔を洗うのに旦那と使っても、1つで2ヶ月くらいは使えますし、リキッドソープの32ozのボトルは犬の足を洗うのも含め毎日水に薄めて使ったり、ポンプやスプレーボトルに薄めて使ったりしても1本3ヶ月は持ちます。

子供が生まれてから我が家はガロンで(約4リットル)購入していますが、半年弱は余裕で持っています。
時々ドクターブローナーズソープって高くて使えないといった声を聞きますが、普段ハンドソープ、ボディーソープ、シャンプー、食器洗い洗剤、イヌネコのシャンプー、トイレ掃除洗剤、お風呂用洗剤、床用洗剤を日々の生活の中で全部なくなったらその都度購入することを考えるととてもお得です。
どれかなくなる前に買いに行かなきゃといった心配もないので本当に楽です。

我が家にあるDr. Bronner’s soapのストック。小さなリキッドソープのボトルは産後にギフトで頂いたもの。ポンプのボトルに水で薄めて愛用しています。

日本でも購入可能です。
https://www.drbronner.jp/store/?fbclid=IwAR3qPR3uFTHuPuFuZsSS1bPNGyNlpTD24FE0Rs2r04F4oolduGkE1nuuoZM

日本のコストコで大きなガロンのリキッドソープが安く購入できると友人に聞いたこともあります。

自分にも地球にも優しいこの万能ソープ!!興味を持った方はぜひ使ってみてくださいね!