仕事や子育てに、日々忙しく動き回っている現代女性。 ストレス解消に良い方法は数多く知られていますが、日常生活の中で実践するのは簡単には叶いませんよね。 男性とは身体的に異なる働く女性の健康維持に関心が高まっている今、 忙しい大人の女性の味方になるハーブ「メリッサ」をご紹介します。

 

メリッサとは「長寿のハーブ」と呼ばれる力強い植物

メリッサは、シソ科の植物で「レモンバーム」という名称で知られています。 和名は「コウスイハッカ(香水薄荷)」。 名前の通り、レモンに似た爽やかな香りをしています。
古代からレモンバームはハチミツを採るために栽培されていたとされ、名前はギリシャ語の「蜜蜂」に由来。レモンバームは繁殖力が高く生命力に満ちた力強い植物のため、中世より「長寿のハーブ」とされフランスやヨーロッパでは現在でも日常的に飲み続けられています。
ハート型の可愛らしいメリッサの葉から採れる精油はごく少量の為、高価で価値のあるものとされています。

メリッサはストレスから起こる症状に優れた力を発揮!

メリッサの効能は、

  • 消化促進
  • 抗菌
  • 抗ウイルス
  • 風邪による、解熱、解毒
  • 吐き気を落ち着かせる
  • 頭痛を鎮める
  • ストレスの緩和
  • 安眠効果
  • イライラ不安や緊張をやわらげ、幸福感を与える

と、いくつも挙げられ特にストレスから起こる症状に優れた力を発揮します。特に精神を和らげる作用に優れているのです。

ストレス対策や、ホルモンバランスを整える効果が期待できる、メリッサの力

女性に優しいハーブと言われる理由

古くから、その効能が評価されてきたメリッサ。ストレスからの症状に効果が高いと言われています。過度のストレス状態が続くと、ホルモンのバランスが乱れ、身体の様々な機能に影響を与えます。

忙しく日々を過ごす女性は常に交感神経が優位になり、興奮状態。病院に行くまでもないけれど、原因不明の頭痛や、めまい、のぼせ、月経不順、PMS(月経前症候群)に悩まされているの人の症状が、ストレスが原因の場合も多くあります。

副交感神経を優位にするハーブを取り入れて気持ちをリラックスさせる時間を作ることで、ストレスが緩和され、不調がよくなることも。「メリッサ」はホルモンバランスを整えて、更年期障害、月経不順、PMS、更年期障害など、女性特有の悩みにもはたらきかけることができると言われています。

簡単なメリッサの取入れ方


そんなメリッサを手軽に取り入れられる方法が、ハーブティー。
ハーブティーは、生の葉を使った香り高いフレッシュハーブのお茶も美味しいけれど、葉を乾燥させたドライタイプのものがつかいやすいです。ティーバックなど、手軽に楽しめるものが数多く市販されています。

植物の恵みを身体に取り入れるならば、産地や生産者がわかる安心安全な「オーガニック」なものを選ぶことをおすすめします。普段オフィスや、家事の合間に飲んでいるコーヒー、紅茶をノンカフェインのメリッサのハーブティーに変えるだけで、身体に良い効果が期待出来そうですね。

メリッサを取り入れて自分を慈しむ時間を

家族や子供、社会など自分以外の誰かの為にいつもがんばっている女性達に、優しく寄り添うハーブ「メリッサ」。一日の最後に、ハーブティーを飲んで、心と身体を労わり慈しむ時間を過ごしてみては?

参考文献:基本のハーブ辞典「北野佐久子」
     自然のお守り薬「森田敦子」
     自然ぐすり生活「南上夕佳」
     趣味の園芸「レモンバームの基本情報」