最近、輸入食品店やスーパーなどでも見かけるようになり、手に取りやすくなったココナッツオイル。ココナッツオイルは、太りにくいオイルとして注目されています。では、なぜ、太りにくいのでしょうか。今回の記事では、ココナッツオイルの主成分についてやココナッツオイルを使ったレシピについてご紹介します。

ココナッツオイルの主成分は「中鎖脂肪酸」

油脂は、大きく分けて、動物性の飽和脂肪酸と植物性の不飽和脂肪酸に分類されます。飽和脂肪酸は、酸化に強いものの、溶けにくくて体内に蓄積しやすい特徴があります。一方不飽和脂肪酸は、体内で分解されやすく酸化しやすいのが特徴です。
ココナッツオイルは飽和脂肪酸に分類されるのですが、この飽和脂肪酸をさらに細かく見ていくと長鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、短鎖脂肪酸の3種類に分類されます。
この中でココナッツオイルは中鎖脂肪酸に分類されるため、酸化に強く体内で分解されやすい特徴があるのです。

ココナッツオイルは代謝アップが期待できる油脂

上記にあるように、ココナッツオイルの主成分は中鎖脂肪酸です。中鎖脂肪酸は、素早く体内に吸収され素早く代謝するので、エネルギーとして使われます。また、使われなかったエネルギーも優先して分解していくため、体内に蓄積されにくいのが特徴です。さらには、体内でエネルギー交換が素早くなされるため、代謝アップにも繋がります。
代謝がアップすることで、脂肪燃焼の効率も上がりダイエット効果が期待できるのです。

中鎖脂肪酸は分解されるとケトン体が作られます。このケトン体は、ブドウ糖と同じようにエネルギーになります。つまり、ケトン体がエネルギーの役割を担うことで、ブドウ糖のもとになる炭水化物(パンや白米、パスタなど)の取り過ぎを防ぐことが期待できるのです。

「油=太る」の認識を変えて代謝アップが期待できるオイルこそが、ココナッツオイルなのです。

オーガニックエキストラバージンココナッツオイルとは「低温圧搾して遠心分離したもの」

ココナッツオイルには、製造工程の違いで未精製のものと精製されたものに分解されます。
オーガニックエキストラバージンココナッツオイルは、フレッシュな状態のオーガニックのココナッツを低温圧搾した後に発酵分離、または遠心分離したもののことを言います。
発酵分離には3日以上の時間がかかり、濃厚な味わいと香りが特徴です。一方遠心分離は、素早く分離させて香りが深いのが特徴です。

ココナッツオイルで作ったレシピをご紹介します!

手軽に代謝アップが期待できると評判のココナッツオイルですが、実は自宅で簡単にヘルシーおやつとして食べることができるんです。こちらでは、ココナッツオイルを使ったチョコレートのレシピをご紹介します。

ココナッツオイルチョコレートは「罪悪感のないチョコレート」

カカオ

ココナッツオイルの特徴としては、一定温度を基準に液体にも固体にも変化します。25度以上で液体、20度以上で固体になります。
今回は、この変幻自在なココナッツオイルの特徴を生かした、罪悪感なく食べられて、エネルギーに変えてしまう魔法のチョコレートのレシピをご紹介します。

ココナッツオイルチョコレートを自分で作りました!

材料は、たったの3つ。

〈材料〉
オーガニックココナッツオイル 30g
オーガニックココア(オーガニックカカオ) 大さじ2
オーガニックアガベシロップ 大さじ1

〈作り方〉

1,ココナッツオイルを湯煎で溶かす。
2,ココア、アガベシロップを加えて混ぜる。
3,好きな型に流して冷凍庫or冷蔵庫で冷やし固める。

※カフェインフリーにする場合は、キャロブパウダーで代用できます。
キャロブパウダーは、甘味があるので、甘味料は大さじ1/2~でできます。
※アガベシロップがない場合は、メープルシロップやデーツシロップなど、他の甘味料に代替可能です。

市販のチョコレートは、白砂糖や香料、乳化剤など、身体に負担のかかるものがたくさん含まれています。ぜひ、シンプルで安心安全なオーガニック製品を使って、身体の中からヘルシーを心がけてみてはいかがでしょうか。