今回は、オタフクソース株式会社で商品企画部に所属する波多さんと、、以前は開発部門を担当しており、現在は異動により営業をしている藤原さんに、2019年3月1日に発売されたばかりの有機お好みソースの魅力や特徴などについて伺うことができました。

オタフクソースから「有機お好みソース」が新登場

ーーそもそも今回、なぜオーガニックのソースを新たに開発したのでしょうか。

波多さん:世界中にお好み焼きの文化を広げたいと思った時に、オーガニックのアイテムを増やすことは必要だと判断しました。海外は日本に比べて、宗教上の関係もあり食事に対してさまざまな価値観を持った方がいらっしゃるためです。
また、海外でもお好みソースの需要はかなり高くて、お好み焼きやたこ焼きが海外でも受け入れられるようになってきたんです。

ーーたしかに海外で和食ブームが起きているという話をよく耳にします。今回新登場した有機お好みソースの原料にはどういった特徴がありますか?

波多さん:オーガニックの原料を、という点は前提なのですが、一番大切なことは「美味しいソースを作ることができるかどうか」なので、私たちが描く理想のソースの完成に向けてさまざまな産地のさまざまな種類の原料を集めて比較しました。
有機お好みソースでは、定番商品のお好みソースの味に近づけるために有機黒糖を使用しています。黒糖を使用することで風味豊かなコクと深みが出るようになるんです。
また、オタフクお好みソースの味の決め手はなんといっても「デーツ」というフルーツです。昭和50年代頃からオタフクソースでは、甘みを出すために砂糖の代わりにデーツを使っていました。当時は砂糖よりもデーツの方が原料が安かったんです。


(波多さん)

ーーデーツは、日本ではあまり馴染みがないフルーツですよね。

波多さん:たしかにデーツは日本ではあまり馴染みがないのですが、高い栄養価があり干し柿やプルーンのような味が特徴的で、これをペーストにして野菜と一緒に煮込むことでソースに独特な甘みとコクが生まれます。
今は砂糖の方が安価に手に入れられるようにはなりましたが、当時の味を現在でも受け継いでいくため、そして自然の甘さを大切にするために、あえてそのままデーツを使用しています。

ーーオーガニックでお好みソースを作るまでには様々な苦労があったのでは?

藤原さん:そうなんです。というのも、定番商品であるお好みソースは多くのお客様に愛していただいているのですが、会社の方針として有機お好みソースの味をできるだけそのお好みソースに近づけなければならなかったんです。そのため何度も試行錯誤して、結果2年かかってようやく完成しました。


(藤原さん)

ーーそこまでこだわるのは、どのような理由があったからでしょうか?

波多さん:ただオーガニックのソースを作るだけではなくて、ちゃんと美味しいものを届けたいという想いが強かったんです。「有機だから味が落ちても仕方ない」では済まされないと思っていました。原料にこだわった上で美味しくないと意味がないんです。
そしてようやく完成した有機お好みソースは、当初の目的として海外を視野に入れた製品ということもあり、その特設サイトは4ヶ国語に対応させました。国内外の一人でも多くの方にお好み焼き文化を広げていければと思います。

ーーそのほか、海外の方を意識した工夫などはございますか?

波多さん:個人的には「フードピクト」を導入している点を推したいです。フードピクトは「どんな材料が使われているのか/いないのか」ということを海外の人でも一目でわかるようにするためのコミュニケーションツールです。このように、宗教上の理由などから食事の戒律がある方でも安心して召し上がっていただけるよう工夫しています。
特にオタフクソースが本社を構える広島は外国人観光客が多いので、せっかく来られた方に有機お好みソースを買ってもらって、ソースを通じても日本の食文化を感じて欲しいです。そして旅の思い出とともに日本の食文化への感動を持ち帰って欲しいと思います。

(出典:有機お好みソース特設サイト

ーーありがとうございます。ちなみに、開発を担当した人だからこそ知っている有機お好みソースの楽しみ方はありますか?

藤原さん:ソースはもともと野菜や果物を煮込んで作ったものなので、煮込み系には合うんです。味はデミグラスソースに近いので、ハンバーグソースとしても美味しく召し上がっていただけると思います。

波多さん:あと、旨味とコクが特徴的なので、ソースを温めてご飯にかけるだけでも意外と合うんですよ。ほかには、個人的にはサンドイッチをかなり推してます。具材は野菜と有機お好みソースだけで、お肉やお魚などは使いません。でも子ども受けはとても良いですよ。

ーーお好み焼き以外にも様々な用途があるんですね。参考になります。さいごに、この記事の読者に伝えたいことはありますか?

波多さん:意外と知られていないかもしれませんが、オタフクお好みソースには油が使われておらず、野菜や果実をこだわりのバランスで煮込むことで作られています。また、ソースは50%が野菜と果実からできています。そのため、実は若い女性たちには特に日頃から取り入れて欲しい調味料の一つなんです。
有機お好みソースは海外を視野にいれた製品ではありますが、このソースを通じて健康的な食生活・ライフスタイルに繋げていっていただければと思います。

オタフクソース株式会社

広島県に本社を置く、1922年(大正11年)創業の調味料メーカー。「小さな幸せを、地球の幸せに。」をスローガンに掲げ、お好み焼きの食文化を世界に発信すべくさまざまな商品・サービスを展開。

企業Webサイト:https://www.otafuku.co.jp/
有機お好みソース特設サイト:https://www.otafuku.co.jp/product/sp/yuukiokonomi/