酒かすやがごめ昆布などの主成分となったスキンケアやメイクアイテムの人気が高い、スキンケアブランド「shiro(シロ)」。
コスメブランドshiroに併設されているshiro cafe(シロカフェ)では、素材のうまみを活かしたヴィーガンメニューを頂けるということをご存知でしょうか。
今回の記事では、shiro cafeのメニューについてやshiroの魅力や世界観をお伝えします。ヴィーガンメニューを扱うshiro cafeが気になられる方や、shiroのコスメがお好きという方に読んでもらえたらうれしいです。

”シンプルな美味しさ”を追求したらヴィーガンに行きついたメニュー

お店に伺ってまず飛び込んでくるのは、広々とした店内。落ち着いた空間で頂くことのできる、ヴィーガンメニューの数々をご紹介します。
shirocafeの店内

植物性の素材だけで作りあげた「色どり野菜の焼きチーズカレー」

色どり野菜の焼きチーズカレー
目の前にやってきた途端、メニュー名の通りに彩りが美しく思わずため息をついてしまったヴィーガンカレー。カフェオープン当初からの人気メニューなのだそうです。

野菜ひとつひとつ味わったのですが、どの野菜も野菜がもつ本来の甘味と旨味をしっかり感じることができるので、野菜がお好きな方にはたまらない逸品ですね。アスパラガスやヤングコーンは歯ごたえがしっかり残ったまま柔らかさも感じられて、カボチャはほくほくで甘かったです。
色どりや鎖の焼きチーズカレー
チーズにカレーがかかっているので「本当にヴィーガン?」と思われるかもしれませんが、実はこのチーズは乳製品ではなくて、小林酒造の酒かすや豆乳、白玉粉、砂糖、菜種油、塩を使ってできあがったチーズなのです。
実際に頂いてみると味わいはチーズそのもので満足感があります。それでいてビタミンやアミノ酸、酵母などの栄養が摂れる酒かすが野菜と一緒に楽しめるなんて、とても得した気分ですね。

マンゴーの甘みと生姜のピリッとした味わいがクセになるパフェ「マンゴージンジャー」

マンゴージンジャー
マンゴーの黄色とクリームの白の配色が映えるマンゴージンジャー。2019年4月に新発売されたばかりだそうです。

パフェなどのスウィーツも乳製品などが気になられる方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらもチーズカレーと同様に乳製品を一切使っておらず酒かす豆乳ホイップと呼ばれる、牛乳ではなく豆乳を主原料とした純植物性のホイップクリームに、砂糖やメープルシロップ、豆乳で溶かした酒かすを使用したパフェになります。
マンゴージンジャー
パフェのてっぺんから覗き込むと、そこにそびえ立つのは生姜です。
マンゴーと生姜の組み合わせは今まで食べたことがなかったので、どんな味の組み合わせになるのかドキドキしながら一口目を口に含みました。すると、マンゴーの甘みに生姜のピリッとした味がベストマッチ。どちらも邪魔することなく、バランスよく口の中から消えていく感じですね。この味わいは思い出すだけでもまた食べてくなってしまうくらいなのです。
北海道産小麦のクランブルのサクサクとした触感とマンゴーの果実、アイスの甘味との組み合わせもとてもおいしかったです。

写真映えと野菜のうまみを一緒に楽しめるバイカラースムージー「グリーン×レッド」

shiroバイカラースムージー
出典:shiro cafe(シロカフェ)|shiro(シロ)オフィシャルサイト
鮮やかなバーカラーのドリンクで、4つの味が楽しめるようになっています。
グリーン×レッド
私はこの中から「グリーン×レッド」という味を頂きました。上層となるグリーンの部分にはケール・小松菜の野菜やキウイ・オレンジのフルーツ、下層となるレッドの部分には「奇跡の野菜」と名高いビーツやリンゴで構成されている何とも贅沢なスムージー。
グリーン×レッド
4種類の味の中で唯一、スムージーの上に木刻んだ木頭ゆずがのっているのは「グリーン×レッド」です。バイカラーの色の組み合わせも色鮮やかに楽しむことができるので、SNS等に掲載する時には映えること間違いなし。

ケールや小松菜、ビーツの深みのある味わいとオレンジやリンゴ、キウイのフレッシュな味わいが相まってとてもおいしくいただくことができました。野菜をドリンクから摂ることができるので、普段からスムージーやコールドプレスジュースなどを好んで飲まれている方だけでなく、野菜を積極的に摂りたいと考えている方にもおすすめしたいドリンクです。

2018年6月にヴィーガンメニューへ一新させたshiro cafe

2017年8月に東京の自由が丘でshiroの併設カフェとしてオープンしたshiro cafeですが、2018年6月にはメニュー内容を一新させてヴィーガンメニューへと一新されたそうです。

メニューを変更した理由は、”シンプルな美味しさ”を追求したことで動物性食品を含まないヴィーガンにたどり着いたのだとか。メニューをヴィーガンに一新させて1年たった今では、お客様からは「気分があがる」「こだわりを感じられるのがうれしい」と大反響だったようです。
お買い物帰りのお子様連れの方が来店されてお子様にも食べやすい玄米のおにぎりが喜ばれたり、美に敏感な女性が色取りが美しいメニューを撮影されたり、土日は家族連れでにぎわったり。利用方法は様々ですが、shiro cafeはたくさんの層のお客様に親しまれているカフェなのです。

スキンケアやメイク、洗濯洗剤など生活に寄り添ってくれるような製品ラインナップ

shiro店内
shiroの製品を思い浮かべると、スキンケアやメイクなどのコスメを挙げられる方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。私が訪れた「shiro 自由が丘店」では、スキンケアやメイクアイテムだけではなくフードや洗濯洗剤なども手に取ることができました。
shiroジンジャーシロップ
人気のあるshiroオリジナルのジンジャーシロップや、
shiroセレクト調味料
厳選した調味料なども並べられています。
ランドリーリキッド
洗濯洗剤は柔軟剤と同じ香りを楽しめるようになっているので、お部屋の中でもほのかに香りを楽しめそうですね。
shiroスキンケア

shiroメイク

shiroメイク
もちろん、大人気のスキンケアやメイクアイテムも手に取って試すことができます。私はコスメに目がないので、どれも気になってしまって大変でした。(笑)

店内はshiroの世界観がたっぷりとつまっているので、きっとふらっと立ち寄るだけでも楽しめるのではないでしょうか。

体も心も喜ぶようなこだわりがつまっている「shiro」の世界観

shiro外観
今回はコスメブランドshiroに併設されているshiro cafeを中心に、shiroの魅力をお伝えしました。体に嬉しいヴィーガンメニューを食べて、コスメや食品、生活雑貨など幅広く手に取ることができるお店なので、身も心も満足できることでしょう。
東京で唯一cafeが併設されている「shiro 自由が丘店」に、ぜひお立ち寄りくださいね。

shiro 自由が丘店

東京都目黒区自由が丘2丁目9-14
アソルティ1F・B1F
03-5701-9146
10:00-20:00