現在では手軽にオーガニック野菜を手に入れることができるようになってきましたが、インターネット経由で「採れたての新鮮オーガニック野菜」が手に入れられることをご存知でしょうか?

今回は、こだわり農家のオンライン直売サービス「食べチョク」を運営する、株式会社ビビッドガーデンのマーケティング担当、松浦さんにお話を伺いました。
ビビッドガーデンがなぜ「食べチョク」を始めたのか、「食べチョク」を通じてオーガニック野菜の良さをどのように広げていきたいのか、お話を伺う中で見えてきたのは「農家さんへのある想い」でした。

オンライン直売サービス「食べチョク」って?

食べチョク

ーー「食べチョク」について簡単に教えていただけますか?

松浦さん:食べチョクは、もともと実家が農家だった弊社の代表の秋元の想いがきっかけで始まったサービスです。野菜は生産されてから消費者の手に届くまでさまざまな業者を介しますが、そうするとその過程で農家さんへの利益がどんどん減ってしまうか、消費者のコストの負担が増えてしまいます。
そこで私たちは、農家さんと消費者を直接繋げる「マルシェ」のような役割を担うことで、農家さんがちゃんと評価をされる場を作ることにしました。

ーー農家さんがちゃんと評価をされる場というと?

松浦さん:食べチョクは、農家さんから野菜や米、果物などを直接購入することができるんです。そのため、これまでかかっていた余計なコストを削減することができるので、農家さんへの還元率を上げることができます。
さらにそれだけではなくて、オンライン上で農家さんと購入者がコミュニケーションを取ることもできる。しかもそのやりとりを他の農家さんや購入者の方も見ることができるようにしました。

食べチョクマルシェ

ーーそれはなかなか画期的ですね。

松浦さん:食べチョクの魅力はそれだけではなくて、食べチョクで購入することができる野菜や果物は、収穫してから最速で24時間後には手元に届くようになっています。これは、農家さんから卸業者や倉庫を介さずに直接購入者のもとへ生産物を届けられる仕組みを整えたからです。そのため鮮度に関してはとても自信がありますね。
一般的な野菜宅配のサービスは農家さんが収穫した生産物を倉庫に一度集めてから家庭に出荷されることが多いのですが、そうするとやはり購入者のもとに届くまでに時間がかかってしまいますよね。もちろん、スーパーで売られている野菜も同じです。
それだけではなくて、農家さんから購入者のもとに直接届けられる魅力は他にもあるんです。

ーーどのような点が魅力なのでしょうか?

松浦さん:農家さんによって包装の方法が異なるので、個性が見えてきます。たとえば、ただ野菜を詰めるだけではなくて、その野菜をどのように調理すれば美味しく食べられるかを紹介する手作りのレシピ集を一緒にダンボールに入れてくれる農家さんも居ます。
時間と愛情をたっぷりかけて育てた野菜であれば、できるだけ美味しく食べて欲しいというのが農家さんの想いだと思いますし、食べチョクはそんな想いを直接購入者に届けることができるサービスなんです。

食べる側だけではなく、つくる側のことも考えたサービスを

食べチョク松浦さん
ーーお話を伺っていると、野菜を食べる側だけではなく野菜を作る側のことも考えたサービスのような印象を受けました。

松浦さん:そうなんです。というのも、先ほどお伝えしたように食べチョクは弊社の代表である秋元のアイデアを形にしたサービスなのですが、実家の農家を継ぐことができず、大手IT企業に就職した秋元が、実家の荒廃する畑を目にし、各地の農家さんにヒアリングしていく中で持った違和感がきっかけで生まれました。
こだわって作れば作るほど農家さんに利益が残らなくなるような仕組みを変えたいと思ったんです。

ーーたしかにスーパーに並んでいる野菜を見るだけでは「どのような想いでどのような過程を経て育てられた野菜なのか」ということはなかなか伝わりにくいですよね。

松浦さん:おっしゃる通りで、消費者にとって「茄子」は「茄子」なんですよね。その茄子がどういう想いで作られたのかが分からないんです。
だからこそ食べチョクは、農家さんとユーザーがオンライン上で直接取引をするだけではなくて、オープンにコミュニケーションができる「マルシェ」の機能を持たせることにして、ユーザーと農家さんの関係構築ができる状態をつくっていくことにしました。その結果、ありがたいことに現在では300軒ほどの農家さんとお付き合いができるまでになりました。

ーーそのすべての商品がオーガニックなのでしょうか?

松浦さん:食べチョクは現在、農薬・化学肥料不使用か減農薬の農家さんのみ登録しています。有機JASなどオーガニックの認証は取得していない農家さんもいらっしゃいますが、私たちとしては、大切なことは「オーガニック認証を取得できるレベルにこだわって育てられた野菜なのかどうか」、「食べてくれる方のことを考えてこだわって作られたものなのかどうか」だと考えていて、それを判断するために農家さんとお取引を始める前には必ず直接ヒアリングを行なっています。

ーーありがとうございます。最後に、食べチョクをどのような方に利用して欲しいのか教えていただけますか?

松浦さん:食べチョクで購入できる野菜や果物は全て自信をもって「安心安全」であると言えますので、子どもが居る方や健康に気を使っている方には特に利用して欲しいですね。
また、できれば「オーガニックだから良い」ということではなく、「こういう想いがこもった野菜だから良い」という文脈やストーリーを理解していただけると、さらに野菜の美味しさを感じることができるのではないかと思いますし、食べチョクはそういう楽しみ方ができるサービスだと思います。

ビビッドガーデン松浦さん
(ビビッドガーデン マーケティング担当 松浦さん)

株式会社ビビッドガーデン

農業の抱える課題に挑むITのスタートアップ。こだわり農作物のオンライン直売所「食べチョク」や、飲食店むけ直送食材仕入れサービス「食べチョクPro」の開発・運営を行う。

会社Webサイト:https://vivid-garden.co.jp/index.html
食べチョク:https://www.tabechoku.com/