前回の記事では株式会社たかくら新産業の代表 高倉健さんより、「オーガニック」と出会ったきっかけやオーガニック製品の実態、実態を目にしたことで見えてきた改善点などをお話しいただきました。

今回の記事ではひとつひとつ作りあげてきた商品のこだわりや、たかくら新産業が掲げている4つのミッションについて詳しくご紹介します。

前回記事:「日本中の人々へ本物のオーガニックを届けたい」を目指すたかくら新産業(1/2)

商品のひとつひとつにエピソードがあるほどのこだわり

経皮吸収の重大性を知りデリケートゾーンブランド「Pubicare(ピュビケア)」が誕生


デリケートゾーンは「アルミニウムを含んだものが触れてはいけない、気を付けないといけない」ということを知り、経皮吸収に目を向けたという高倉さん。
経皮吸収とは皮膚や粘膜から吸収された化学物質が体内に蓄積されてしまうことを指します。写真をご覧頂くと、腕の内側の経皮吸収を1とした時に、最も経皮吸収の数値が高いのは女性の性器粘膜(膣内ではない)と男性の睾丸で、42倍という結果です。そこで誕生したのが、女性の大切なデリケートゾーンを安心してケアしてほしいという願いが込められた「Pubicare(ピュビケア)」というブランドです。

ピュビケア
出典:ピュビケア公式サイト

「PERFECTPOTION(パーフェクトポーション)」のアウトドアスプレーは大人気商品に成長!

出典:たかくら新産業公式HP

PERFECTPOTION(パーフェクトポーション)ブランドの中で、とても有名なアウトドアスプレー。
このアウトドアスプレーは、パーフェクトポーションの創業者であるサルバトーレ・バタリア氏と共同で開発した製品です。発売から15年後には、さらに改良を加えてオーストラリアの医薬部外品として認定されるまでになったのです。手の届きやすい価格帯にもかかわらずシトロネラやペパーミントなどの天然成分を100%配合している優れものなので、アウトドアを楽しむ機会が多い方はもちろん、これから春や夏にかけて、手元に置いておきたい製品ですね。このアウトドアスプレー1本で小さな赤ちゃん(生後6ヶ月~)から大人まで一緒に使えるのがうれしい限りです。

有機JAS取得の喉スプレーが大人気!「made of Organics(メイドオブオーガニクス)」


made of Organics(メイドオブオーガニクス)というとオーラルケアやボディケアなど幅広い商品が展開されていますが、中でも最近人気が高いというのがマヌカハニー+アズレンスプレーです。カテゴリーとしては有機JASを取得している食品なので気兼ねなく摂ることができるんですね。
このマヌカハニー+アズレンスプレーのすごいところは、タスマニア産マヌカハニーやブルーヒルズハニーの希少なレザーウッドハニーがたっぷりと配合されているというところ。高価で希少なハチミツを贅沢にスプレーとして使うことができるのが本当にすごいです。はちみつが主な原材料なので甘くて味わいを楽しみながら摂れるのもまた魅力的なところですね。イガイガして違和感を感じる前や後にシュッと喉にスプレーしてつかうことができるのがうれしいですね。

だいじょうぶなものとして”かぞく”に届けたい「有機発酵エキス」


一番大切な人(=かぞく)に心からだいじょうぶなものを届けたいという想いから生まれたのが、この有機発酵エキス。今までアウタービューティーに携わってきたたかくら新産業さんが初めて手掛けたインナービューティー製品です。生産者に想いを伝えてやっとの思いで作りあげたのだそうです。原料には32種類の有機JAS認定の野菜やきのこを使用しており、ひとさじの半分を口に含むだけで、一度にたっぷりの栄養を摂取することができるんだとか。

有機発酵エキスとワイルドシーベリージュースを販売するにあたり、一般発売の前にクラウドファンディングという新しい販売方法を取られていたのがとても新しいと感じました。なぜ先にクラウドファンディングの販売方法を選んだのかというと、「世の中への挑戦」をしてみたかったと高倉さんは答えてくださいました。たかくら新産業の顧客ではないクラウドファンディングの住人は、どんな反応をするのかをみてみたかったそうです。
その結果有機植物発酵エキスは目標金額の381%、ワイルドシーベリージュースは235%を達成され、多くの支持を得たということになります。

「ナチュラル・オーガニックをデイリーユースにするため」の4つのミッション

  • イノベーティブ:
    革新的であること。今までになかった「こんなもの欲しかった!」を作り出すこと。一番たいせつなひと(=”かぞく”戸籍上の家族に限らずペットや恋人、友人など)に心からすすめられる商品であること。

  • プレミアム:
  • 表記ルールがないからこそ高品質なものを(オーガニック配合率を明示する)。”かぞく”へ安心して手渡せるもの、本当に心から安心できるものを心掛けています。

  • アクティブ:
  • 品質を裏付けるエビデンスが必要であること。各分野の専門家と共同開発や検証を実施しています。

  • リーズナブル:
  • 「みんなにずっと使ってほしいから」そのために続けられる価格帯。品質レベルはそのままでリーズナブルな価格を提供できるように努力をしています。

生産者さんや未来の子供たちへの想い


何かひとつでもオーガニックをデイリーユースすることに喜んでもらえたら、会社としてもとても嬉しい。それが続くと、商品供給が持続可能となり、ひたむきにいい農産物を作り続けている生産者やいい製品づくりに取り組む工場に携わる人もハッピーな状態になるんです。そうすることで消費者だけではなく、モノづくりに携わる側にもハッピーがシェアされていくんですね。
そうしたことで「ありがとう」といわれるビジネスモデルを未来の子供たちへつなげていきたい。高倉さんはそう語ってくださいました。

株式会社たかくら新産業は「ナチュラルとオーガニックをデイリーユースに」をビジョンに掲げ、毎日安心して使えるオーガニック・ナチュラルアイテムを企画開発しています。
たかくら新産業
https://www.takakura.co.jp/