ボタニカル柄、ボタニカルシャンプー、ボタニカル商品…など、よく聞く「ボタニカル」という言葉。

「何となく体に良さそう」「自然のものが使用されていそう」と思ってボタニカルを選ぶ方も多いでしょう。

しかし実際、ボタニカルがどのようなものかは知っていますか?

ボタニカルとは

ボタニカル1
ボタニカル(botanical)は、日本語に訳すと「植物の」「植物由来の」という意味になります。

使われる範囲が広く、ファッションやシャンプー、インテリアなどさまざまなシチュエーションで使用される言葉です。

例えば、ボタニカル柄といえば植物の柄、ボタニカルシャンプーといえば植物由来の成分が配合されたシャンプーという意味になります。

ボタニカルとオーガニックの違い

ボタニカル2

「ボタニカル」と「オーガニック」はどちらも植物や自然に関係している言葉ですが、厳密には意味が異なります。

オーガニック(organic)は「有機の」という意味があります。主に「無農薬」「化学肥料不使用」「有機栽培」などで育てられた植物を指す言葉。基本的には農業や農作物に対して使われます。

オーガニックは簡単には名乗れない!

オーガニックという言葉を使うためには、国が定めた基準をクリアする必要があります。

  • 化学肥料や農薬を使わない
  • 遺伝子組み換え技術を使わない
  • 2年以上、有機肥料での土づくりを行った土地で生産する

細かな決まり事はありますが、大まかに言うと上記3つの基準に当てはまったもののみオーガニックと名乗ることができます。

一方でボタニカルは「植物の~」というざっくりとした意味になります。そのため、シャンプーからインテリアまで幅広い使われ方をしています。ボタニカルを名乗るために、厳しい基準や審査はありません。

オーガニックは「厳しい基準があり、主に食に関するものに使われている」、ボタニカルは「ざっくりと植物に関するものに使われている」と考えましょう。

ストレス緩和も!ボタニカルライフのすすめ

ボタニカル3

ボタニカルという言葉が流行するにつれて、「ボタニカルライフ」という言葉が生まれました。

ボタニカルライフとは、ボタニカルを身近に置く生活のことです。特に、観葉植物やベランダガーデニングなど、身近に植物を置く生活を意味しています。

植物が身近な生活は良い効果がたくさん!

観葉植物は飾るだけで部屋の雰囲気が変わり、おしゃれになりますよね。でも、観葉植物の力はそれだけではありません。

観葉植物を置くと、心身に良い影響があるんですよ。

観葉植物が空気清浄機代わりに

観葉植物は「天然の空気清浄機」ともいわれるすごい力を秘めています。

  • マイナスイオンの濃度を上げる
  • 空気中の有害物質を吸収
  • カビやバクテリアの発生を抑える

観葉植物には主に上記の働きがあります。置くだけで部屋の空気をキレイにしてくれるんです。

心身ともにリラックスできる効果も

観葉植物を置くと、以下のリラックス効果も期待できます。

  • マイナスイオンで精神を安定させる森林浴効果
  • α波発生を促進し自律神経をととのえる
  • 疲れ目を癒す
  • ストレスの軽減

観葉植物の緑を見ることで脳へ刺激が届き、疲れ目を癒す効果も期待できます。また、ストレス緩和効果も期待できるため、「日頃疲れている」「ストレスを感じている」という方は観葉植物を置いてみてはいかがでしょうか。

ボタニカルライフを楽しもう

ボタニカル4

ボタニカルは観葉植物を置く以外にも、ボタニカルなインテリアを置いたり、ボタニカルシャンプーなどの製品を使用したりして、生活に取り入れることもできます。

ぜひ、ボタニカルのある生活を試してみてくださいね。

参考:
https://a-t-g.jp/houseplant-air-purification-607
https://hagelabo.jp/articles/botanical-mean
https://agri.mynavi.jp/2017_08_01_1054/
https://a-t-g.jp/houseplant-air-purification-607
https://cancam.jp/archives/269036
http://www.worldgarden.jp/power.html