オーガニック野菜など、素材にこだわって調理をしたのならSNSなどでみんなに見てもらいたいですよね。デフォルトのスマホカメラで撮影するのもいいですが、せっかくなので食事を撮るためのカメラアプリ「Foodie」を活用してみましょう。

食事をキレイに写すための工夫がさまざまあるため、撮るのも楽しくなるだけではなく、みんなからのいいねも増えるかもしれません。

Foodieの魅力

Foodieの魅力

インスタ女子に人気のFoodieの何がそんなにすごいのか、その魅力について見てみましょう。

26種類以上のフィルター

Foodieは食事を撮るためのカメラアプリにも関わらず、なんと用意されているフィルターの数は26種類。これはリリース直後よりも増えているので、今後も増えていくことが期待されています。

肉料理やスイーツなど被写体によっても使い分けられますし、屋外なのか薄暗い店内なのか、どこで撮るのかでも使い分けてみましょう。それぞれのフィルターの効果を強めたり弱めたりできることも楽しめる要因の一つです。

撮影後の編集も可能

たくさんのフィルターがあると、いろんなフィルターで試したくなるものですよね。とはいえ食事の前に何度も撮り直すのもマナー的に美しくありません。

Foodieは撮影後にフィルターを変えることもできるので、一枚いい写真が撮れれば後からいくらでも調節可能なのです。フィルター以外の効果も編集できるため、いい写真が撮れたら編集は後にして食事に移りましょう。

ぼかし機能でプロのような写真を

Foodieには、ぼかし機能があるため、簡単に背景をぼかしてプロのような写真を作成できます。撮影画面左上の水滴のボタンを押すと、被写体の周りをぼかしてくれるのです。雰囲気のある写真を撮りたい時は試してみましょう。

インスタサイズで撮影可能

通常のスマホアプリで撮ると、縦長サイズですが、インスタに投稿する時は正方形になりますよね。インスタを意識して、正方形に収まるように意識して撮影している人もいるのではないでしょうか。

Foodieなら正方形のレンズでも撮影できるので、インスタに投稿する比率で撮影できます。これならインスタ映えする構成を考えながら撮影できるので、いい写真が撮影できますね。

食事をキレイに撮れるベストアングル機能

食事をインスタ映えさせる角度は真上からの角度。でもスマホが水平確認するのは難しいですし、特に外食であれば撮影に時間はかけたくないですよね。

そんな時に役立つのがFoodieのベストアングル機能。スマホが水平になると画面が黄色くなるのです。
一番いい角度が簡単にわかるため、手短に料理の撮影を終わらせることができます。まさに料理を撮影するために作られたカメラアプリと言えますね。

オーガニック食材でインスタ映えする写真を

インスタ映えする写真を撮るなら、カメラも重要ですが被写体も大事ですよね。手料理をのせているインスタグラマーの方も多いですが、人気なのはオーガニック食材。ハッシュタグのバリエーションも増やすことができます。
健康にもよく見た目もいいので、つい「いいね!」を押してしまいますね。

オーガニック野菜の中には面白い色や形をした野菜も多いため、注目も集めやすいです。オーガニック野菜のスーパーに行くと、見たこともない面白い野菜がいっぱい並んでいます。一度足を運んでインスタ映えする食材を探してみませんか。

Foodieで食事の新しい楽しみ方を

食事には食べる楽しみだけでなく、見る楽しみもありますよね。美しい料理はそれだけでも食欲をそそりますし、また作りたくなったり食べたくなったりします。
Foodieなら料理の魅力を最大限引き出した状態で写真を残せるため、料理の楽しみ方が広がるでしょう。

ぜひオーガニック食材を使った時には、Foodieで写真を撮ってインスタに投稿しましょう。タグには「#べジ部」を忘れないようにしてくださいね!