最近では甘酒ブームが落ち着き、味噌ブーム。スーパーやオーガニック系のスーパーには味噌の種類もたくさん増えているのをご存知の方も多いのではないでしょうか。味噌は昔から食卓にかかせない調味料のひとつですが、今回は特におすすめしたい麦味噌についてご紹介します。

「麦味噌」は大豆に麦麹を加えてつくった味噌

むぎ
麦味噌という種類の味噌はご存知でしょうか。関東などでは米麹からできている味噌が主流ですが、麦味噌は麦麹から作られている味噌で主に九州などでよく使われています。
麦味噌はどのように作られているかというと、洗浄した麦を蒸し上げ、その麦に麹をつけて麦麹にするところから始まります。
次に、味噌の原材料のほとんどを占める大豆の下ごしらえです。麦同様、洗浄して蒸し上げ、つぶしてから先ほどの麦麹と混ぜ合わせます。それを桶に仕込み、じっくりと熟成させると麦味噌が完成します。

麦味噌の特徴は、塩分が低いのに甘味が強い!

むぎ2
米麹味噌に比べて塩分が低く、麹を使う量が多いので甘みが強く、香りも豊かなのが特徴です。
さらに、麹の量が多いため発酵しやすく、時間が経つと黒く変色してしまう特徴もありますが、品質上は問題ないようです。
もし開封後、少し変色してしまっていても安心してお使いくださいね。

麦味噌に期待できる栄養価や効能

えがお

「麦味噌」は米味噌に対し、どういった効能が期待できるかというと・・
・食物繊維やタンパク質を多く摂取できる
・便通効果が期待できる
・塩分が控えめなので減塩している方にも適している
・現代人に不足しがちなミネラルを補える

このように健康に良いメリットをたくさんもたらしてくれるので、麦味噌は調味料として人気も高いのです。

おすすめの麦味噌

おーつ
麦味噌にもたくさん種類がありますが、今回はおすすめの商品をピックアップしてみました。

無添加長崎麦みそ


“まろやかさ”と“うまみ”を大切にじっくり育てられた麦味噌です。
熟成後に熱処理を行っていない『生みそ』なので、みそ本来の風味と香りがひき立つ逸品として人気です。
出典(https://choko.co.jp/Pages/product/miso/mutenka-nagasaki-mugimiso_750g.php

海の精 麦味噌(国産有機)


とても貴重な国産有機大豆と国産有機大麦、秩父の城峰山頂付近からわく天然水、そして伝統海塩「海の精」を原料とし、伝統的な製法にこだわってつくられた麦味噌です。こちらも『生みそ』なので、味噌を発酵させた酵母菌や乳酸菌と、それらが生み出した酵素がそのまま生きているので毎日の健康づくりにもおすすめです。
出典(https://www.uminosei.com/shouhin/miso/mugi/

九州そだち 無添加麦


創業152年のフンドーキンが大豆と大麦・塩を使用して発酵・熟成させることで作っている麦味噌です。国産原料100%使用にこだわった無添加味噌です。甘口でまろやかな味わいなので、お味噌汁はもちろん、煮物や炒め物におすすめです。
出典(https://virtua3.coara.or.jp/fundokin/products/detail.php?product_id=51)

ぶちうまいすり


大豆とはだか麦・大麦・塩・水飴・酒精・調味料・ビタミンを原料として作られた麦味噌です。麦麹を多く使い、素朴な香りとまろやかな甘さが特徴となっています。すりつぶしたタイプなので、濾さずに使用することができます。甘くコクがあるので豚汁や魚の味噌漬けなどとも相性がよいです。
出典(http://www.buchi-umai.jp/direct/yamaguchi/miso_suri.html

オーガニック系のスーパーには販売されていることも多いのですが、お近くのスーパーなどで見つからない場合は通販がオススメです。通販だとより多くの麦味噌を探すこともできますし、まとめ買いでお安く手に入れられるような場合もあるので、ぜひ活用してみてください。

最後に


いかがでしたでしょうか。身近な調味料である「味噌」ですが、「麦味噌」に変え調味料を見直すことでより健康によい効果が期待できますね。具材を変えて味噌汁としても、煮物など他の料理にも活用してみるのもよいですね。
ぜひ参考にして、「麦味噌」にしかだせない風味や味わいを楽しんでみてください。