アメリカのスーパーマーケットでよく「USDA ORGANIC」という表示を目にします。
米国農務省(USDA)認可を受けた認定機関が審査を行ない、オーガニックと認められるとこのマークを付ける事が出来ます。
私たちは日常生活の中で知らず知らずに添加物の多いものや健康被害を及ぼす食品を身体に取り入れてたりします。
添加物だらけの食品が氾濫している中で、正しい知識を身につけて出来るだけ添加物に頼らない商品を選んで行きましょう。
今回は、有機栽培のマークについて詳しくご紹介します。

オーガニック認証マークの「USDA」と「JAS」

近年、

  • 食品の多様化と西洋文化流入
  • 個食、会食、中食といった食べ方
  • コンビニ、スーパーマーケットといった流通形態
  • 健康志向、本物志向といった食への意識
  • テイクアウト、イートインといった飲食形態

など、食生活の多様化によりライフスタイルもかなり変化してきました。
そのため、時代の流れの中で私たちが守るべきところと変えるべきところを個人でしっかりと見極め、考えていく必要があるのではないでしょうか。

オーガニックの基準は国によって異なる

野菜

オーガニックや有機栽培を名乗るために設けられている基準は国によって異なりますが、審査基準はかなり厳しく以下をクリアして行く事が必須となります。3年以上農薬、化学肥料を使用していない耕地で栽培され収穫した食物であること

  • ​100%有機栽培で育てられた原料を使用していること
  • ​水分と塩分と除き 95%以上がオーガニック原料であること
  • ​遺伝子組み換えや電離放射、下水汚泥は禁止であること
  • ​土、水も厳格な基準をクリアしていること
  • ​家畜が有機食品を食べていること
  • ​ホルモンや成長促進剤、抗生物質不使用であること
  • ​家畜が年間を通して納屋外、自然環境へ自由なアクセスがあること
  • ​薬品を使う農家と定められた距離を置くこと

また、オーガニック表記、オーガニック原料含有率により3種類に区分され、容器包装には以下のように表示されます。

  1. 「100%Organic」 100%オーガニック原料製品
  2. ​「Organic」 95%以上オーガニック原料製品
  3. ​「MadewithOrganicingredients」 70%以上オーガニック原料製品

(出典:NOP Organic Labeling and Marketing Information)。

その他、オーガニック含有量が70%以下の場合はオーガニックと記載することはできません。ただし、容器包装にオーガニック原料名を記載することはできます。
そしてUSDAオーガニックマークを使用できるのは上記「1.と2.」の場合で、つまり95%以上オーガニック素材を使用した食品のみです。

アメリカでは、ほとんどのスーパーマーケットにオーガニックコーナーが設けられているだけではなく、オーガニック専門のスーパーマーケットもあります。
野菜を始め、果物、ドレッシング、ピザ、スムージー、アイスなど、あらゆるジャンルにおいてオーガニックが揃っているので、選択の幅が増えますね。

オーガニック表示全てが認定されたものでない?

疑問画像
「USDA」とは、日本で言えば「有機JAS」にあたります。
農林水産省が基準を設け、それを満たさないと「オーガニック」「有機栽培」という表示ができません。

jasマーク
(出典:農林水産省)

 

現在日本の「有機JAS」制度で、「有機農産物」とされる大まかな定義は以下の通りとなります。

    • 化学的に合成された肥料および農薬使用を避ける。​
    • 遺伝子組換え技術を利用しない。
    • 播種(しゅ)また植付け前 2 年以上間、有機肥料で土づくりを行った田畑で生産されたもの。※多年生作物の場合は最初の収穫前3年以上

    出典:有機食品の検査認証制度|農林水産省

    しかし、「USDA/JAS」マークを商品に付けるためには様々な項目をクリアし基準を満たす必要があるので大変な事でもあります。実際に有機農法を行っていて虚偽記載でなければ、認定機関を受けていなくても広告や商品表示欄などに「有機栽培」などと記載することに関しては制限がありません。商品そのものに「JAS」マークがなくても「有機栽培」と宣伝することは可能なのです。

    正しい知識をつけてハッピーなライフを

    これから先も健康でいるためには、単に「おいしいから」「人気商品だから」というだけでなく、
    きちんと自分の身体と相談してみることや実態のない安心ではなく、消費者が商品表示欄や言葉の意味を理解する事が非常に大事なことです。

    ネットショップなどで「USDA」サプリなどもあるのでチェックしてみて下さい。
    食事ではなかなか補えない鉄分や、妊婦さんに必要な葉酸なども豊富にあります。

    身体に安全な物を選ぶ習慣を身につけながら、正しい情報や安心を手に入れてバランスの良いハッピーな心とライフを送りましょう。