サラダなどで彩りとしても使われるカリフラワー。形はブロッコリーとよく似ていますが、ブロッコリーほどよく食べない……という方も多いのではないでしょうか。

カリフラワーにはどんな栄養素が含まれていて、どんな効果があるのでしょうか?
今回はカリフラワーの特徴や魅力と、簡単なレシピをご紹介します。

カリフラワーってどんな野菜?

見た目から和名で「花やさい」や「花キャベツ」などと呼ばれることもあるカリフラワーは、ブロッコリーやキャベツと同じアブラナ科の仲間です。
原産地は地中海沿岸部で、日本では徳島や愛知、茨城などで多く生産されています。

カリフラワーは11〜3月に旬を迎える冬野菜ですが、鮮度が落ちやすいため旬の時期でも流通量はごくわずかです。
最近ではグリーンのロマネスコやオレンジのオレンジブーケ、紫のバイオレットグリーンなどカラフルなカリフラワーが生産されるようになり注目を集めています。

カリフラワーに含まれる栄養素とは

カリフラワー

カリフラワーに似ているブロッコリーは緑黄色野菜ですが、カリフラワーは淡色野菜の仲間です。しかしブロッコリーに劣らず栄養価に優れており、体内から美しくしてくれる栄養素を含んでいます。
例えば、カリフラワーにはビタミンCが多く含まれており、その量はレモンとほとんど変わりません。組織がしっかりしているため、ビタミンCも壊れにくい特長があります。
レモンを100g食べるより温野菜のカリフラワーを食べたほうが、ビタミンCの摂取もしやすいでしょう。
他にはビタミンB1やB2、カリウム、カロテン、食物繊維、葉酸、アブラナ科の野菜に含まれるファイトケミカルのイソテオシアネートなども多く含まれています。

また、カラフルなカリフラワーは遺伝子操作をして作られた品種ではなく、自然に発生した品種だと言われています。そのため白いカリフラワーよりも栄養価が高い品種もあります。
形が特徴的なロマネスコはビタミンCが白いカリフラワーの約2倍、オレンジ色のオレンジブーケにはカロテンが豊富、黄緑色のバイオレットグリーンにはアントシアニンが多く含まれています。

カリフラワーの栄養素から期待できる効果

カリフラワー

美肌、アンチエイジング

ビタミンCといえば、やはりその美肌効果に期待したいですよね。ビタミンCにはメラニン色素の生成を防ぎ、紫外線などによる肌ダメージやしみ、しわの防止などの効果が期待できると言われています。
コラーゲンの生成にも関与しているため、ハリのある若々しい肌に導く手助けもしてくれます。
さらにビタミンCはカロテンとともに「抗酸化ビタミン」と呼ばれている、抗酸化作用の強いビタミンです。細胞の老化防止やダメージの修復を促進するので、アンチエイジングにもつながるでしょう。

風邪予防

白血球は体内に侵入した病原体を排除する作用があります。白血球の働きが強くなればなるほど病気に対する抵抗力が強くなり、免疫力も高まるということになります。
白血球にはビタミンCが含まれているので、ビタミンCをきちんと摂ることで免疫力アップや風邪を引きにくくなる効果も期待できます。

便秘解消

カリフラワーには不溶性の食物繊維が豊富に含まれています。不溶性の食物繊維は便のカサを増やし、腸のぜんどう運動を刺激することにより便を排出しやすくしてくれます。
便通に悩んでいたり、デトックスを意識している方にも嬉しいですね。

カリフラワーを使った簡単レシピ

カリフラワーのカレーサラダ

    材料
  • カリフラワー…1株(カラフルカリフラワーでもOK)
  • 刻みピクルス…大さじ1
  • 素焼きアーモンド…20g
    <ドレッシング>
  • マヨネーズ…大さじ2
  • 牛乳(豆乳)…小さじ2
  • カレー粉…少々
  • 塩…少々
    作り方
  1. カリフラワーは小房に分け、塩茹でしておく。
  2. アーモンドは粗めに刻んでおく。
  3. ドレッシングの材料を合わせ、①、②、刻みピクルスを合わせる。

アーモンドのビタミンEとカリフラワーのビタミンCやカロテンとの相乗効果で抗酸化力がアップ。血行促進や美肌、アンチエイジングにおすすめです。

オーガニック野菜を摂ろう

カリフラワー

オーガニック野菜は自らを害虫などから守るため、自然と抗酸化力がアップしています。
流通量が少ないカリフラワーですが、せっかく食べるなら安心安全でなおかつ栄養価が高いものを食べたいですよね。
オーガニックなカリフラワーを食べて、野菜本来の味を堪能しながらカリフラワーの効果を感じてみませんか。